実務翻訳家になるには①「翻訳会社へ登録」

実務翻訳家になるために必要なもの・その方法にはどんなものがあるでしょうか。

そのうちのいくつかをご紹介しましょう。

【翻訳会社に登録】

実務翻訳の仕事を一番多く抱えているのは翻訳会社でしょう。つまり、実務翻訳の仕事を得るためには、まず翻訳会社に翻訳家として登録をすることです。

一般的に、翻訳を依頼したい企業等の依頼主は、まず翻訳会社に仕事を発注します。

翻訳会社はその依頼内容を判断し、自社に登録されている翻訳家の中から適任と思われる人に仕事を依頼するわけです。

よほど名のある翻訳家でもない限りは(あるいは名のある翻訳家であればこそ)一般企業から直接翻訳の依頼が入るという事はまずないと言ってもいいのではないでしょうか。翻訳家になりたての初心者であれば尚のことです。

翻訳会社に登録するには、トライアルを受ける必要があります。

トライアルとは、つまり翻訳会社があなたにお仕事を任せる事ができるかどうか、あなたの実力がいかほどのものかを事前に知るためのテストです。それに合格する事によって、翻訳会社に登録することができます。

トライアルの内容は当然英文の翻訳がほとんどですが、中には一般常識やビジネスマナー等を問うような会社もあるようです。

まずは翻訳会社に登録して、翻訳家としてのあなたの窓口を開きましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation