実務翻訳家になるには③「個人で契約」

実務翻訳家になるための方法、そのみっつ目はやはり普段からの人間関係が大切です。

【個人で契約】

翻訳家個人が企業から翻訳の仕事を依頼されることはそう多くはありませんが、決してゼロというわけではありません。

但し、元々その会社の社員であったり、親しい知人や同業者からの紹介があったりなど、特別なネットワーク(人と人との繋がり)があることが大前提です。

出版翻訳の場合と同様に、翻訳家の専門学校の講師であるプロ翻訳家から仕事を紹介してもらえる場合などもあるかもしれませんし、社内で大きなプロジェクトなどが実施される際に、人数の必要な翻訳作業を複数の翻訳家で協力して行なうような仕事があった場合、元の会社の同僚や仲間の翻訳家から声がかかる事もあるかもしれません。

大切なのは人と人との繋がりですが、そればかりを当てにして、個人でやっていけると勝手に思い込むことだけはやめましょう。

いずれにしても、初めからいきなり個人として活動することは難しいですので、翻訳会社に登録したり、翻訳家が必要とされている企業の中で働いたりと、実務経験を積みながら同時にネットワーク(人と人との繋がり)の強化に励むことが大切です。

実力と人からの信頼とを両方備えて初めて、フリーランスとして独立できるものと心得てください。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation