翻訳家として、翻訳会社に登録するには、トライアルに合格する必要があります

翻訳家になるために、一つの方法として翻訳会社登録をする、という方法もあるということはすでに軽く触れましたが、その際に必要になってくるのは「トライアルに合格する」ということです。

トライアルは「翻訳者として、必要なスキルがあるかを判断するための試験」のことです。

翻訳各会社が行っているトライアルに合格して初めて、仕事を貰うことができる「資格を獲得する」ということです。

しかしトライアルに合格しても、「必ず発注をしてくれる」というわけではありませんので、注意しましょう。

まずトライアルを受ける為には、翻訳会社のホームページによる、求人ページから直接申し込む方法と、「翻訳者コミュニティ」等を通じて、翻訳会社コンタクトを取る、という2パターンがあります。

この「翻訳者コミュニティ」というのは、コミュニティ登録している翻訳者と、翻訳会社とを結びつけるエージェントのことになります。

翻訳者にとって、非常に便利なシステムではありますが、欠点をあげると入会金や年会費がかかる、というところだと思います。

対して翻訳会社にとっては、一度にたくさんの翻訳者を対象とした求人が出来る、というメリットがあるでしょう。

このトライアルは各翻訳会社によって、形式や簡易度が変わってきますが、日英翻訳者として登録を希望するような場合には、比較的短めの英文を日本語に翻訳させるものが多い、ということのようです。

そのほかには複数の課題より、自らが選択して訳す、というものや、長文の中の一部を訳させる、和訳と英訳が取り混ぜられているなど、様々なパターンもあるようですが、このとき手書きは不可であり、パソコンで文章入力による作成になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation