翻訳家とは、いったいどんな仕事をしているのでしょうか。

翻訳家、という言葉を聞いたことが有る人がほとんどではないでしょうか?

しかし、その仕事内容を正確に言える方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

翻訳とは、最も身近なものとして、言語における翻訳があります。

例えば英語記録されたもの、書物等のものから、それを日本語の形に翻案する、ということになります。

しかし、この翻訳という仕事はジャンルが幅広く、その翻訳する内容によって、様々な種類がありますが、大きく分けると3つに分けることが出来ます。

実務翻訳」「映像翻訳」そして最初の例題にあげたものも含まれる「出版翻訳」になります。

これらのように大きく分けても3つになる翻訳家、その仕事の仕方も収入もまったく異なります。

翻訳家を目指すという方は、まず翻訳家の種類を知ること、その種類によって違った必要なスキルも変わってくることをること、そしてそれらを知った上で、自分の目指す道を決めることが大切になってきます。

翻訳家の中には、様々な分野の翻訳を行っている方もいらっしゃいますが、それは容易な事ではありません。

まずは自分の得意分野に仕事の内容を絞る方が良いのではないかと思います。

まず初めに知っていただかなくてはならないこと、それは翻訳家になるために、単に外国語が出来るだけでは仕事を得ることが出来ない、ということです。

翻訳家のことを知ったとき、皆さんも翻訳家は簡単な仕事ではないと認識せざるを得ないと、思うのではないでしょうか。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation