翻訳家にとって、必要なスキルとはどんなものがあるのでしょうか

翻訳家にもいくつか種類がありますが、翻訳家になるためには、どうすればいいのでしょうか?

まずは必要なスキルを紹介させていただきたいと思います。

当然のことながら、例えば一番多いと思われる英語を日本語に翻訳する、ということになった場合、英語と日本語の、両方の語学力が必須になります。

英語を日本語と同じような感覚で読めること、これは原文の読解力だけでなく、翻訳をした文章を再構成する為の「文章能力」も含まれていることを忘れてはいけません。

また、海外での生活が長いような方は、英語の意味をどれだけ正確に理解することが出来たとしても、今度は日本語力を鍛えなければならないかもしれません。

翻訳家になるためには「TOEICで950点以上の語学力」とも言われているようですが、この点数だけでは仕事は出来ません。

あくまでも読み手側に伝わりやすい文章を書くことが大切な為、「会話能力」が重要視されているようです。

また、翻訳する時、専門知識が必要な分野の物を翻訳するときには、その原文を理解することがまず大切になってきます。特定の言い回し等、その分野での特殊な言い方もあります。

したがって、このときに必要とされるのは「情報収集能力」そして「情報解析能力」が必要になってきます。

現在では書籍だけではなく、インターネットを上手く利用することが、必須となってくるでしょう。最近ではパソコンを利用することが多くなってきている為、パソコンの簡単な知識として「Word」や「Excel」での表作成、簡単なレイアウトの知識も最低限必要であり、文字入力の速度も大事になってきます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation