翻訳家になるために、英文を読む為の重要なポイントとはどのようなことでしょう

翻訳家を目指すにあたって、英語を訳す際にどのようにしていくのか、始めは迷うこともあるのではないでしょうか。

学生の頃、中学や高校において英語の先生に「英語は後ろから訳すと良いですよ」といわれた経験はないでしょうか。

多くの人たちはそのようなことを言われてきているのではないでしょうか。

しかしそれが、大きく間違っている理論であったとしたら、どうでしょうか?

ひどく驚かれる方も多いのではないかと思われます。

では、翻訳家の人や英語をスラスラと読めるような人は、まずどこを見ているのでしょうか。

そのポイントが英語の初心者やスラスラと読めない人の差であると思った方もいらっしゃるかと思います。

まず、スラスラと読める人たちが見ているのは、「主語動詞」なのです。

まずは「誰が何をしたのか」ということは、文章の中で最も重要な部分であり、その文章の柱になるのです。

まず始めにすることは、その部分を理解するということ、それに対する「付属情報として」、残りの分を読んでいる、ということなのです。

しかしこのときも、「後ろから訳す」ということを行っているわけではありません。

英文を短く区切って、それを「頭の中で自然な日本語になるように文章を組み立てなおす」ということを行っているのです。

上記のような方法で英文を訳していくということは、今までと方法が違って始めは難しいことかもしれません。

しかし、どちらも非常に重要なポイントになりますので、あせらずに行っていくことが大切になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation