翻訳家になるための方法の一つに、学校に通うというものもあります

翻訳家になるためには、どのような方法があるのでしょうか。

一般的な方法としては、「翻訳学校に通う」という選択肢があり、それを選択する人も多いようです。

その場合学校で勉強をする事になりますが、実力を教師に認められると、下訳とよばれる「翻訳する際に原稿の草案としての大まかな訳をつけること」というもの等を頼まれる場合があり、そこからのスタートを始める方々が多いようです。

しかし、「仕事につながる情報も得られず、延々と授業を払い続ける」という状況が起きているということもあるようです。

つまり、翻訳学校の見極めと、学校でも自分の状況に対する見切りをつけることが出来なければ、授業料というむだな出費がかさんでしまいます。

それを考えると、学校に行くことは果たしていいことなのでしょうか?

教わっている、または教わろうとしているその先生は一流の先生でしょうか?

手ほどきを受けているその先生はどんな実力の先生でしょうか?

三流の先生に教わったとしても、四流にしかなれません。その先生がプロであればどんな作品を出しているのか、それをよんでから手ほどきを受けるべきです。

今では名前を検索すれば、どんな作品を手がけてきたのかすぐに分かります。とても簡単です。

それをせずに翻訳家になろうとしても、なれないでしょう。

しかし一流の先生が直接教えてくださることは、なかなかないでしょう。

けれどそんな一流の先生の作品は誰でも見ることができます。本を買うことも、図書館で借りるという方法もあります。

一流のプロの手口がすべて分かるのです、これで勉強しないという手はないです。

一流のプロの仕事を見ることは何よりも大切です。それは翻訳家ではなくても、スポーツのプロを目指すような人々と一緒です。

プロを見て学び、それを目指すこと。それは翻訳家でも一緒です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation