翻訳家に必要なもの「日本語の表現力」

翻訳をする際の文体や表現は、そのもののジャンルや分野、読み手の対象によってもさまざまに変化します。実務翻訳、文学翻訳、映像翻訳など、それぞれの分野で表現方法やそのテクニックは当然違います。細かい技術やテクニックの詳細についてはここでは説明しませんが、小説には小説特有の、映画には映画独特の、それぞれの媒体に合った翻訳の技術や手法があるという事をひとまず覚えておいてください。

翻訳初心者のあなたが最初に手にする仕事はどんなものでしょう。おそらく実務翻訳から始めることになるのではないでしょうか。従って、まずは正しい日本語の文章の基本をしっかりと身につける必要がある、という事がお分かりいただけたでしょうか。

さて、TOEIC 900点以上の英語力を身につけた、日本語の文章力のレベルが上がった、さあ次にあなたがするべき事は、そう、いよいよ翻訳家としてのデビューです。

と言っても、今から翻訳家として仕事を始めようという人のところに、そうそう都合良く翻訳の仕事が舞い込む事はまずありません。

翻訳の仕事は、その辺の道端に転がっているわけではありませんし、ただ待っているだけでDMのように勝手にポストに投げ込まれるはずもありません。

とにかく自分自身で翻訳の仕事を探しに行きましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation