翻訳家の中でも「映像翻訳」とよばれる、映画等を支えている翻訳とは。

翻訳家の仕事には、大きく分けて3つに分けることが出来ますが、その中の「映像翻訳」というのはどのようなものが含まれているのでしょうか?

映像翻訳メディア翻訳ともよばれています。これはテレビや映画のようなメディア系の翻訳のことを言います。

映像翻訳はさらに3つに分けることが出来ます。

字幕翻訳」とよばれるのは、主に映画やテレビ等の台詞やナレーションを字幕にする、という仕事になります。

吹き替え翻訳」とよばれるのは、映画やテレビ番組などの台詞やナレーションを吹き替え用の台本にする仕事です。

放送翻訳」とよばれるのは、テレビ等のインタビューの音声や海外ニュース等を翻訳する仕事になります。

このほかにも音楽業界においては、音楽の歌詞の翻訳を行う音楽通の翻訳家の方が活躍しています。

最近ではDVDやテレビの多チャンネル化によって仕事が増えてきています。

またゲームやウェブサイトなどもあり、成長が期待できる分野ともいえます。

しかし、需要に関しては実務翻訳に比べて非常に少ない為、翻訳の仕事を手に入れるのはとても難しい、というのが現状です。

しかし、実際になっている翻訳家の方もいますし、インターネット上の膨大な映像の翻訳を依頼したい、というニーズも高まっていて、新人でも仕事を得やすいといわれています。

通常とは違ったルートでの仕事にはなりますが、アンテナを張っていればチャンスをつかめる可能性もあります。

また、新聞や雑誌記事の翻訳のことを「活字メディア」といわれていますが、翻訳市場としてはまだまだ小さいものの、発展の余地を残している分野になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation