翻訳家の仕事にもいろいろあります

翻訳家とは一体どんなお仕事なのでしょう。

一言で言えば、本や映画など海外の様々な媒体で使用されている言語を、元々の外国語から日本語に翻訳する仕事です。

一口に「翻訳家」と言っても、そのジャンルは幅広く活躍の場は多岐に渡ります。大まかに分けて3つご紹介すると、日本で出版される外国文学や研究書、専門書などの出版物を翻訳する「出版翻訳(特に文学のみを指して外国文学翻訳とも言います)」、企業で使用されるビジネス文書や、プレゼンテーション資料等の企画書、マニュアルなどから、海外での特許申請書類や官公庁関係の書類等を翻訳する「実務翻訳(産業翻訳、ビジネス翻訳とも言います)」、映画やテレビ番組など映像関係の字幕や吹き替え、新聞や雑誌などの活字、Webサイト・音楽の歌詞・ゲームやDVDなどの様々なメディアを翻訳する「メディア翻訳(放送・映像翻訳)」などが挙げられます。

あなたがこの先どんな翻訳家になりたいと望んでいるのか、それによって、その翻訳家を目指すためにしなければならない事、身につけるべきスキルや能力、進むべき道筋が大きく違ってきます。

まずはしっかりと「自分自身がいったいどの翻訳家になりたいのか?どのジャンルの仕事に興味を持っているのか?」それを明確にしておく事が大切です。

それぞれの翻訳家ごとに、その翻訳家になるためにあなたに必要なもの・時間、そしてその難易度が異なります。どれくらいの時間をかけられるのか、どこまでお金をかけられるか、翻訳家になるための勉強に費やす期間の収入は・生活はどうするのか、じっくりと時間をかけて慎重に考えてみるべきです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation