翻訳家の収入①「出版翻訳家の場合」

翻訳家の収入はどれくらいあるものなのでしょう。

「出版翻訳」「実務翻訳」「メディア翻訳」それぞれに報酬の形態が異なります。

【出版翻訳】

印税=収入となるのが一般的です。

印税率は本の種類によりさまざまですが、一般に高い場合8%、低い場合でも3%といわれています。

印税の計算式は、基本的には本の定価×印税率×刷り部数となります。

通常は、初版部数分は最低保証額として印刷した部数(刷り部数)のすべての印税が支払われます。

しかし最近では、刷り部数ではなく実売部数となることも多いようです。

その場合、実売部数は刷り部数の半数程度になるため、収入も約半分になります。

実際に出版翻訳の印税だけで生活している翻訳家は、ごく一部をのぞいてほとんどいないと言われています。

新人翻訳家の場合には、最初から印税契約ではなく、買取契約になることが多いようです。

買取契約とは、出版社が翻訳原稿を「1単語あたり○円」で計算して買い取るという契約を結ぶことです。

本の種類や原稿の量にもよりますが、一般的には1単語あたり10円が相場と言われています。但し、かけ出しの新人の場合には1単語あたり3円、4円という安い相場での契約も実際にはあるようです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation