翻訳家の収入③「メディア翻訳家の場合」

翻訳家の収入はどれくらいあるのでしょう。

「メディア翻訳」の報酬についてお話しします。

【メディア翻訳家】

テレビや映画などの映像や、新聞・雑誌などの活字、ウェブサイト・音楽の歌詞・ゲームやDVDなどの様々なメディアでの翻訳をするメディア翻訳家の収入は、その分野によっては異なります。

映画の場合は1本40万から50万円と言われています。当然、フィルムの長さ(放映時間の長さ)やセリフの数によっても変わってきます。

テレビ番組なども映画と同様、放送時間の長さやセリフの数(翻訳箇所の数・文字数)によって金額が変わりますが、10分の番組で数千円から数万円と言われています。

特に映画の場合、翻訳家自身の実力や実績(キャリア)によって金額が大きく変わる傾向にあります。

実力のある翻訳家になると、映画やテレビドラマ本編の翻訳と並行して他の付随する翻訳(パンフレット等の広告物や特典映像などの翻訳)も手掛けることが多いようです。

映画やテレビ以外の仕事も、基本的には映像の長さや文字数によって変わりますが、特にウェブやゲームなど、量やスピードが求められる翻訳の仕事では時給計算の場合もあります。

時給の相場は2500~3000円位が一般的のようです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation