翻訳家の収入と翻訳家になるタイミング

翻訳家は決して高収入な職業ではありません。特に最初のうちは、翻訳の収入だけで生活していくのはなかなか難しいと思います。もしあなたが、一大決心のつもりで今の仕事を辞めて翻訳家を目指す、というつもりならば、ちょっと考えてみてからでも遅くはないですよ、というアドバイスをしたいと思います。

サラリーマンの仕事をしながら、副業として翻訳家をしている方、専業主婦をしながら空いた時間にパートや内職のような感覚で翻訳をする方など、翻訳家としての仕事の仕方やその形態は人それぞれです。

あなたがどんなに才能に恵まれているのかはわかりませんが、会社を辞めてすぐにでも翻訳だけで食べていける、などと安易に考えないほうがいいのではないでしょうか。

サラリーマンであれ、アルバイターであれ、今現在ある程度の収入があるのであれば、それをそのまま維持できる範囲内で、できることからチャレンジし始めてみるほうがいいでしょう。

しかし、もしあなたが公務員であったり、あるいはサラリーマンでも会社の就業規則で副業が禁止されているような場合には、「ながら翻訳家」になるのは諦めて、どこかのタイミングで一大決心をしなければならないのかもしれませんね。

そうだとしても、今の仕事を続けながらTOEICに挑戦したり日本語の文章力を高めるための勉強をしたり、出来る限りの準備をすすめた上で自信を持って決断をする方が、先々を考えれば良い方法だと言えるのではないでしょうか。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation