翻訳家の大変なことや苦労点とはどんなところでしょうか

翻訳家にとって大変なことや苦労する点とはどのようなものでしょうか。

それは翻訳という性質上、学問において最先端の分野に携わることも多くあります。

それはまったくの新製品であったり、またはその土地の文化であったとしても、日本ではほとんど知られていないことなどもあるわけです。

該当する分野で不明な部分やよく分からない部分があったとしても、現在日本語の文献では、調べることが出来ない、調べる方法がないというようなケースもあります。

訳すべき英文だけを翻訳するわけではなく、その背景を知り、正確に理解をするために、翻訳以前の下調べや勉強等に時間がかかったり、一つの単語を明らかにする為に、何日もかかったりするようなケースもあるわけです。

このようなケースでは、翻訳者自身の知的な能力をはじめ、言葉のセンスといったものなどがすべて反映してしまうということになります。

日本語で読む人たちに対して、間違えている情報を伝えてしまってはいけません。

特に命に直結するような医学の分野、また機械などの操作方法などにいたっては、最悪の事故さえも起こしてしまうかもしれないわけです。

他の分野もそうですが、誤った翻訳をしてしまっては、自分自身の信用問題やその後の仕事の請負にも影響も出ますし、さらに企業等に所属をしていた場合、自分自身だけでなく、所属する企業の信用さえ傷つけてしまうわけです。

そのようなこともあり、翻訳家は常に勤勉であり続け、勉強を怠らないこと、文化に対しての知識や言葉のセンス等も磨く必要があるということです。

翻訳家である限り、それはずっと続くことになります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

Comments are closed.

Post Navigation