Tag Archives: インターネット

翻訳家として挑むトライアル、見られているのは訳だけでは有りません

翻訳家として翻訳会社登録するには、まずトライアルに受けて、合格しなければなりません。

まずは基本的な事、誤訳をしていないか、正確に英文を解釈できているのか、という事がポイントとして見られます。

正確な訳がされているかというだけではなく、文書の性質にあったものか、その背景をしっかりと認識した上での文章であるのか、表現力が適切で読み安いのか、専門用語をきちんと調べているのか、というポイントも、審査の対象となっているようです。

中でも英語力以外にリサーチ能力も試されるようですです。

最近はインターネット電子辞書の普及でいつでもどこでも調べることが出来ますが、逆に膨大な情報の中からより早く、そしてより正確に調べることが出来るのか、取捨選択できるかという事が、求められてきます。

トライアルに受けて課題を提出しても、自分は受からないだろう、と思っていた人でも高評価を得て、合格が出来る人もいます。

つまり、自分の翻訳者としての価値として、高い評価を受けるときもあるわけです。

自己評価と違う場合も多いでしょう、客観的に確認する為という意味でも、様々な翻訳会社のトライアルに挑戦したほうが良いでしょう。

ここでの注意点は、トライアルの原稿を受け取ったら、期日までにしっかりと翻訳し、送るようにしましょう。

もし他に仕事をしていて提出が遅れる場合には、必ず事前に翻訳会社に知らせましょう。

トライアルの原稿を送ったにもかかわらず、その後まったく連絡がつかなくなった、という人もいるようです。

辞退する際でも社会人としてのマナーは守るべきです。必ず翻訳会社に連絡を入れましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の料金相場は一般的にはどのくらいになるのでしょうか

翻訳家になるためには高度な能力を必要とします。

つまりそれだけ難しいですが、もちろんその分魅力も多いでしょう。

現在ではインターネットの普及、そして翻訳ソフトなどが利用できるようになり、一般の人でも海外の情報を得ることが、気軽に出来るようになってきました。

しかし、それはあくまでも機械的なものであり、感動を伝えるような文章では、まだ不十分な部分も多いものです。

つまり、その分翻訳家という仕事は、やはりやりがいのある仕事、であるといえるのではないでしょうか?

では、その翻訳家という仕事は、どのくらいの収入になるのでしょうか。

大きく分けて3つに分類される翻訳家ですが、まず、最も多くを占める「実務翻訳」では、英文和訳を400文字で1300円~2500円が一般的のようです。

専門的な要素を必要とする医療や経済等、多岐にわたっている実務翻訳では、実力がある翻訳家では月収で100万という人もいるようです。

出版翻訳」は、本の定価の3~8%の印税か、原稿の買取、ということになるようです。

値段の目安として、例えば2500円定価の本で3%の印税であった場合、実売予想部数を3000冊と仮定した場合は、{2000×0.03×3000=180.000}で、18万の印税収入という計算になります。

印税収入ではなく原稿の買取、という場合は、新人翻訳家の場合が多いようです。

この場合、翻訳会社の気持ち次第、ということになり、幅が多いようです。

映像翻訳」の場合は、10分で5,000~15,000円、映画であったら1本につき40~50万円ということになります。

前記の実務翻訳出版翻訳に比べて、幅が大きいのが特徴的になります。

出版物のような実売予測等の料金体系ではなく、その会社の規模等によって大きく左右されるようです。

このほかに原稿がない状態でのヒアリングのみ、という場合は高めの料金になるようです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます