Tag Archives: クライアント

よい翻訳家に依頼するためには、それだけの対価を支払うのが当然です

クライアント側より、よい翻訳家を探す方法とは、どのようにしたら良いのか、という疑問が有るかもしれません。

しかし、よい翻訳家にお願いをするのであれば、それに見合った金額を支払う必要があります。

よく考えれば当然の事なのです。

たとえば、自分の車が欲しいと買いに行ったとして、安い方が良いからと、1万や10万しか持っていなかったら、出てくる車なんて中古の原付程度になるでしょう。

もし新車を買いたいのであれば200万なり300万なり出さなければ買えない訳です。

それは当然のことです。

つまり翻訳もそれと同じで、プロの翻訳が欲しいのであれば、そのプロの仕事に見合うだけの対価を支払うべきなのです。

簡単なことであるのに、きっとそういった常識がかけてしまっているのではないでしょうか。

本当に翻訳が分かっている方は、安売りをしている翻訳会社の3~4倍の料金での見積もりであっても、発注をするわけです。

いくつか見積もりをしているお客は、まず始めは非常に安い料金で請け負っているところにいったとしても、次からはしっかりとしたプロの翻訳家へ依頼をするわけです。

安い料金で依頼して、ひどい目にあった後です。

つまり、それだけきちんとしたいいものが欲しいということであれば、それに見合うだけの料金を支払うべきなのです。

本当にいい翻訳会社であれば、実は営業マンはいないわけです。

口コミやリピートが多くそんな必要がないからです。

そのような翻訳会社に頼む方が、いい翻訳家を探す最短の道でしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

よい翻訳家を選ぶ為に、まず料金を見直さなくてはならないのではないでしょうか

翻訳家としての、勉強方法などを紹介してきましたが、それに対してクライアント側から、よい翻訳家の選び方などのコツはあるのでしょうか?

翻訳家として目指している方には耳が痛いかもしれませんが、実状を知る為には良いかもしれません。

まず、出版翻訳に携わっている編集者の方々は、嘆いている人がかなりいるようです。

それというのも、大抵の翻訳者がお金を取れないような原稿を出してくるそうです。

もちろん翻訳者の人たちも一生懸命やっていることであるので、つまりはその人の限界であるということです。

細かいところの訂正であったら仕方が有りませんが、全体が悪かった場合は、本人にいくら言っても直せるはずはありません。

そうなると編集者が自分の時間をつぶして直すわけです。

ではそのような事態にならないためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

簡単に言ってしまえば、プロが食べていけるように、それだけのお金を出す必要があるわけです。

最近では安易に料金を下げすぎてしまっている傾向があります。

職業として成り立たない金額を設定しても、それだけ低レベルの人しか雇えません。

使い物にならない翻訳が上がってくるだけでしょう。

そして大元のお客さんも、コストを下げることばかり考えてはいけないと思います。

結局役に立たずに全部やり直しになってしまうということが、ほぼ決まっているわけです。

そんな料金では、とてもプロに頼めるような料金ではないわけですから、当然の結果です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるために、社会人としての経験は大切です

翻訳家の中で、「フリー翻訳家」と聞くと、なんとなく一人で部屋などにこもって、黙々と誰とも話さずにしている仕事であるかのように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に人づき合いが苦手で翻訳家になりたい、という考えを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そのくらいの気持ちで翻訳家にはまずなれないでしょう。

そんなに簡単な職種ではありませんし、実際の翻訳家は人とかかわらない、というわけではありません。

翻訳会社などのクライアントとメール等でのやり取り、電話での応対など、通常の社会人としてのマナーが求められるようなことも当然行っています。

したがって、たとえ翻訳の質がよくても、社会人としての常識・マナーがない翻訳家が成功するはずはありません。

社会人としてビジネスマナーを習得することも、翻訳の仕事に就く際に、非常に役に立つことになります。

それだけでなく、社会人時代に身に付けた知識が、翻訳をする際に役に立つこともありえるのです。

特に専門職についていた方ならなおさらでしょう。

実際に翻訳者になる前は普通の会社員でした、という方も非常に多いようです。

まずは社会に出て、様々な知識を得ることはとても重要で、後々翻訳家として非常に有利に働く知識を得ることが出来るでしょう。

翻訳家の中にはもともと専門職についていた、という方もいらっしゃいます。

そういう方法もあるのだということを、柔軟性を持って考えることも必要でしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として仕事をする際に、納期を守ることは重要ですが、間にあわなそうなときは

翻訳家として、第一歩を踏み出しようやく仕事をもらえるようになったものの、「翻訳がなかなか進まない」「翻訳がなかなか捗らない」といったように、納期に間に合わない、という事態が起こってしまうかもしれません。

本来は一度引き受けた翻訳は、必ず納期を守ることは鉄則です。

納期を守るということは、翻訳会社との信頼関係だけでなく、クライアントとの信頼関係をつなぐ為にも、最も重要なことになります。

まず忘れてはならないのは、日ごろから自分の翻訳ペースを把握しておくことです。

翻訳家の人は、翻訳のの高さとスピードが求められます。

翻訳作業は非常に高い集中力が必要です。

中には自宅で仕事をする人もいるでしょう。

そう言った方は、仕事専用のスペースを確保しましょう。

出来れば部屋を設けたいところですが、食事を終えてからテーブルを片付けて行うという方法もあります。

ここでのポイントは、だらだらと行わず、一つの仕事場としての確保をすることが大切です。

それによって集中しやすくなるでしょう。

そして自宅で仕事をする際には時間が不規則になりがちです。

日ごろから体調管理に注意を払い、体調を崩して納期が守れなかった、という事がないように、また分かった時点で、なるべく早い段階で納品先に連絡することも重要です。

それ以外に、「能力的」または「時間的」に、厳しいものだと判断した場合には、翻訳を仕事として受ける前に、断るという勇気を必要になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の仕事を請けるとき、忙しかったとき、ただ「出来ません」というのはNGです

翻訳家を目指し、翻訳会社トライアルを受けて、合格できたとしましょう。

仕事をいただいたものを、丁寧に和訳をし納品していきましょう。

その翻訳がクライアントの目に留まり、「前回の翻訳者の方の訳はとてもよかった。今回も同じ方にお願いをしたい」というような指名をいただけるケースも、少なくありません。

一つの仕事から次の仕事へと広がっていきます。

逆に言えばそこで信用を落とした場合は、次の依頼は来なくなってしまうかもしれません。

常に緊張し、しっかりと丁寧に仕事をし、そして期限を必ず守る、ということが次の仕事へとつながっていきます。

人によってはせっかくいただいた仕事のときに、別件の仕事が入ってしまって、非常に忙しいような場合も有るかもしれません。

そんな時、ただ「出来ません」といってしまったら、理由も分からずに出来ないと言われた会社やクライアントは、もしかしたら次の仕事を他の人へ回してしまうかもしれません。

つまり、もし出来ないときには、なぜ出来ないのかを伝えましょう。

「○日までは別件で仕事が入ってしまっているので、×日以降は対応することが出来ます」のような対応は大切なことです。

このような対応をとることが出来れば、次の仕事につなぐことも出来ます。

翻訳家は一人で行っているイメージが強い、という方も多いかもしれませんが、コミュニケーションも重要なポイント、ということです。柔軟な対応をとることが大切です。

せっかく合格した翻訳会社です、きちんと社会人としてのマナーを守りましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます