Tag Archives: チェッカー

翻訳家を目指す為の英語力として、TOEIC950点以上の理由とは

翻訳家を目指すにあたって様々な方法をお伝えしましたが、中には「翻訳家になりたいけれど、英語力をUPしないとTOEIC950点に届かない」「もっとすらすら読めるにはどうしたらいいのだろう?」などのまず初めの一歩でつまづいてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「必ずしもTOEICで950点以上取らなくてはならない、というわけではない」ということはお伝えしましたが、現在の自分の力を測るという意味ではいいかと思います。

翻訳家としての英語力は「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」のうち、最も重要とされるのは後者の2つになります。

たとえば日英翻訳をしようとした場合、英語のライティング能力が必要になってきますが、ノンネイティブにとってはかなり厳しいものになることでしょう。

対して英日翻訳の場合には、ライティングとしては日本語の文章を書く、という文章能力が必要になってきて、リーディング能力として英語力が必要になる、ということになります。

TOEICは「リスニング」と「リーディング」ではありますが、リスニングが出来なければリーディングも出来ません。それをふまえて、リスニング、リーディングを合わせた点数の目安として「950点以上」ということになります。

なぜそれだけの点数が目安として必要になるのかというと、それ未満では結局、翻訳作業中の誤訳が多すぎるという事態が起こってしまう為です。

翻訳家の文章は、チェッカーとよばれる方が誤字誤訳などをチェックし、修正をします。

本来は翻訳家が誤訳をしてはいけませんが、念のための措置です。

そんな中、誤訳ばかりの文章では、プロとは到底いえません。

そのために、最低限の英語力として、TOEIC950点以上といわれている、ということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるための方法には、翻訳会社に勤める、という方法もあります。

翻訳家になるためには、一つの方法として学校を挙げましたが、その場合、気をつけるべきことは学校・先生の見極めが大切です。

その他の方法の一つとして、少し遠回りにはなりますが、翻訳会社で働くという方法もあります。

というのも、様々な意味で得るものが大きい方法になるからです。

翻訳会社で「コーディネーター」とよばれる仕事をすることによって、翻訳という仕事自体の流れが分かること、また実際業務として触れることで、求められている翻訳家のタイプ等も知ることが出来るでしょう。

その他にも「チェッカー」という、翻訳されたものをチェックする仕事もあり、翻訳力を身につけることも出来ます。

またそれらの仕事に触れて、様々な経験をつむだけでなく、そこで作った人脈から翻訳家になったときの仕事につながる場合もあります。

そのほかに直接仕事に結びつくということではないようですが、一つの情報としての紹介になります。

翻訳技能検定試験」という日本唯一の公的資格検定が有ります。

この翻訳検定を受けることによって、自分の翻訳力を自覚し、また能力の向上に努めることの目安として、翻訳家としてのステップには一つの重要なポイントになるかとは思います。

これら以外にも、大きく3つに分類された翻訳家の種類によって、その方法も異なってきます。

目指す翻訳家の種類が決まっているということであれば、その翻訳家を目指す為の一つの方法を知る、ということで、そちらの方も参考にすると良いかもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます