Tag Archives: トライアル

翻訳家の仕事を請けるとき、忙しかったとき、ただ「出来ません」というのはNGです

翻訳家を目指し、翻訳会社トライアルを受けて、合格できたとしましょう。

仕事をいただいたものを、丁寧に和訳をし納品していきましょう。

その翻訳がクライアントの目に留まり、「前回の翻訳者の方の訳はとてもよかった。今回も同じ方にお願いをしたい」というような指名をいただけるケースも、少なくありません。

一つの仕事から次の仕事へと広がっていきます。

逆に言えばそこで信用を落とした場合は、次の依頼は来なくなってしまうかもしれません。

常に緊張し、しっかりと丁寧に仕事をし、そして期限を必ず守る、ということが次の仕事へとつながっていきます。

人によってはせっかくいただいた仕事のときに、別件の仕事が入ってしまって、非常に忙しいような場合も有るかもしれません。

そんな時、ただ「出来ません」といってしまったら、理由も分からずに出来ないと言われた会社やクライアントは、もしかしたら次の仕事を他の人へ回してしまうかもしれません。

つまり、もし出来ないときには、なぜ出来ないのかを伝えましょう。

「○日までは別件で仕事が入ってしまっているので、×日以降は対応することが出来ます」のような対応は大切なことです。

このような対応をとることが出来れば、次の仕事につなぐことも出来ます。

翻訳家は一人で行っているイメージが強い、という方も多いかもしれませんが、コミュニケーションも重要なポイント、ということです。柔軟な対応をとることが大切です。

せっかく合格した翻訳会社です、きちんと社会人としてのマナーを守りましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指す際、力量を試す方法の一つとして、翻訳コンテストというのがあります

世界中には様々なコンテストがあると思います。

翻訳の世界においても、コンテストがあります。

翻訳家としての力量を試すことが出来るわけです。

コンテストの応募方法としては、雑誌等に記載されている課題文を訳し、それを主催企業に送って能力を評価してもらう、ということになります。

その中の一つとして、業界誌である「通訳・翻訳ジャーナル」というものでは、定例の誌上翻訳コンテストというのを行っています。

出版翻訳映像翻訳産業翻訳の各分野において、力試しを行うことが出来るという、非常に魅力的なコンテストになります。

詳細に関してはそちらをごらんいただく方が良いかと思います。

では翻訳コンテストに応募する、ということに、どのような意義があるのでしょうか?

まずポイントとして、この翻訳コンテストというものと、翻訳会社が行っているトライアルには大きな違いが有ります。

トライアルは仕事をもらえる・もらえないということがかかわってきますが、翻訳コンテストにおいてはそのような切迫したものはありません。

現在学習中の人たちが、自らの力試しの場として挑戦できる、非常に有効な練習材料である、ということです。

それだけではなく、もし優秀であると認めてもらうことが出来れば、自分の能力に自信を持つことができます。

これによって仕事を紹介してもらえるようなものはありません。

しかし、後日掲載される翻訳のポイント、そして講評をよむ事で、プロの翻訳家のノウハウや、思想プロセスなどを吸収することも出来ます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としてトライアルを受けても、なかなか受からないときは

翻訳家になるための方法の一つにある「翻訳会社への登録」ですが、まずトライアルとよばれる試験に合格することが、新人にとって始めの難関です。

中には、何度受けても、なかなか合格できない、という方もいらっしゃるでしょう。

不合格になってしまった場合には、真摯にフィードバックを受け止めましょう。

そして再び実力をつけ、次のチャンスを待ちましょう。

英語の勉強はたとえ翻訳家になってもずっと続くものです。

けっして無駄にはならないでしょう。

なぜ自分は不合格になってしまったのか、その原因を確認し、そこを強化すると良いかもしれません。

もしかしたら、専門用語を間違った意味で訳してしまったのかもしれません。

自分に何が足りなかったのかを認識していきましょう。

また、翻訳会社は多く有ります。その分違うトライアルを使用していますので、力をつけて多くの翻訳会社のトライアルにチャレンジしてみましょう。

トライアルに合格してもすぐに仕事は来ないかもしれない、ということはすでに記載しましたが、場合によってはすぐに仕事をもらえる、という場合もありますので、作業環境や心の準備をしておく必要もあります。

トライアルで合格することが出来ても、実際の仕事では出来なかったということも多いようで、簡単なものから少しずつ依頼をするようです。

いただいた仕事は一つ一つ丁寧に翻訳を行っていきましょう。

またIT翻訳の場合ですと、特殊な作業を要求されることもあります。どんな作業を行うことになるのか、事前に調べておけば有利になると思います。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として挑むトライアル、見られているのは訳だけでは有りません

翻訳家として翻訳会社登録するには、まずトライアルに受けて、合格しなければなりません。

まずは基本的な事、誤訳をしていないか、正確に英文を解釈できているのか、という事がポイントとして見られます。

正確な訳がされているかというだけではなく、文書の性質にあったものか、その背景をしっかりと認識した上での文章であるのか、表現力が適切で読み安いのか、専門用語をきちんと調べているのか、というポイントも、審査の対象となっているようです。

中でも英語力以外にリサーチ能力も試されるようですです。

最近はインターネット電子辞書の普及でいつでもどこでも調べることが出来ますが、逆に膨大な情報の中からより早く、そしてより正確に調べることが出来るのか、取捨選択できるかという事が、求められてきます。

トライアルに受けて課題を提出しても、自分は受からないだろう、と思っていた人でも高評価を得て、合格が出来る人もいます。

つまり、自分の翻訳者としての価値として、高い評価を受けるときもあるわけです。

自己評価と違う場合も多いでしょう、客観的に確認する為という意味でも、様々な翻訳会社トライアルに挑戦したほうが良いでしょう。

ここでの注意点は、トライアルの原稿を受け取ったら、期日までにしっかりと翻訳し、送るようにしましょう。

もし他に仕事をしていて提出が遅れる場合には、必ず事前に翻訳会社に知らせましょう。

トライアルの原稿を送ったにもかかわらず、その後まったく連絡がつかなくなった、という人もいるようです。

辞退する際でも社会人としてのマナーは守るべきです。必ず翻訳会社に連絡を入れましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としてトライアルに合格する一つ目のポイントとは

翻訳家になるための方法の一つに翻訳会社への登録、という方法があり、そのためにはトライアルに合格をする必要がありますが、なかなか合格が出来ないという人や、これから初めてトライアルを受けるという人もいるかもしれません。

トライアルに合格する為にはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。

まず何よりも大切なこと、それはトライアルを受け、それを提出する前に「必ず訳抜けが無いか」「数字や固有名詞が、間違っていないか、誤訳が無いか」何度も見直ししてから提出しましょう。

非常に基本的なことですが、提出されたトライアルの中には、「ケアレスミス」や、「どう考えても見直しをした文章ではないだろう」と思われる訳がよくあるようです。

このような誤訳誤字脱字が一ヶ所でも合った場合には、トライアルの合格は難しいと肝に銘じておきましょう。

トライアルの課題には、きちんと訳せていないと不合格になってしまう、訳のポイントがあり、そのポイントをいかに見抜けるのか、という必要があります。

そのポイントでの最も重要視されるのは、「英文の構造や意味を、正確解釈できるのか」という「英文解釈力」になります。

もしそのポイントを見抜けなかったとしても、トライアルの場合、比較的短い課題が多い為、一切誤訳をしない、というつもりで取り組めば問題はないでしょう。

専門用語があっても調べれば意味や訳語がほとんどのものが分かるはずなので、ここで点数を落とさないように努力しましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として、翻訳会社に登録するには、トライアルに合格する必要があります

翻訳家になるために、一つの方法として翻訳会社登録をする、という方法もあるということはすでに軽く触れましたが、その際に必要になってくるのは「トライアルに合格する」ということです。

トライアルは「翻訳者として、必要なスキルがあるかを判断するための試験」のことです。

翻訳各会社が行っているトライアルに合格して初めて、仕事を貰うことができる「資格を獲得する」ということです。

しかしトライアルに合格しても、「必ず発注をしてくれる」というわけではありませんので、注意しましょう。

まずトライアルを受ける為には、翻訳会社のホームページによる、求人ページから直接申し込む方法と、「翻訳者コミュニティ」等を通じて、翻訳会社コンタクトを取る、という2パターンがあります。

この「翻訳者コミュニティ」というのは、コミュニティ登録している翻訳者と、翻訳会社とを結びつけるエージェントのことになります。

翻訳者にとって、非常に便利なシステムではありますが、欠点をあげると入会金や年会費がかかる、というところだと思います。

対して翻訳会社にとっては、一度にたくさんの翻訳者を対象とした求人が出来る、というメリットがあるでしょう。

このトライアルは各翻訳会社によって、形式や簡易度が変わってきますが、日英翻訳者として登録を希望するような場合には、比較的短めの英文を日本語に翻訳させるものが多い、ということのようです。

そのほかには複数の課題より、自らが選択して訳す、というものや、長文の中の一部を訳させる、和訳と英訳が取り混ぜられているなど、様々なパターンもあるようですが、このとき手書きは不可であり、パソコンで文章入力による作成になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の、放送・映像翻訳家になるためには、メディアによって方法が異なります

翻訳家のうち「映像翻訳家」になるためには、どのような方法があるでしょうか。

まず知っておきたいのは、放送・映像翻訳家の場合、そのメディアによって発注方法が異なる、ということです。

基本的には制作会社より個人に直接仕事の依頼があるのが普通です。

つまり、制作会社とのコネクションを持っていることが必要で、それ以外には翻訳会社を経由する、という場合もあります。

最近のメディア多様化にあたって、この分野の仕事の依頼が増えてきている為、新人であっても仕事を請けることが可能になってきています。

この場合には、翻訳家としての実力の確認の為「トライアル」とよばれる試験に合格する、ということが必要になります。

また、求人誌などに翻訳家の募集広告が入っているような場合もありますので、チェックすることも大切です。

翻訳学校に通っている場合には、情報も入手しやすいでしょう。

業界との接点を得る為に、翻訳家としてではなく、翻訳以外の仕事でその業界に入り、コネクションを得る、という方法も良いかもしれません。

必要なのは多くのコネクションです。

出来るだけ多くの接点を持ち、仕事の依頼をもらえるように動くようにしましょう。

テレビや映画等では、字幕等により笑いや感動をさらに引き立てることも出来る魅力的な仕事です。

中には原稿がなく、ヒアリングによる翻訳をする方法も中にはあるようです。

そう言ったスキルを身につけるのも良いかもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中で初めに行う可能性のある実務翻訳家になるためには

翻訳家の中で、最も多いとされる「実務翻訳家」になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

実務翻訳として一番多いのは、翻訳会社登録することです。

翻訳会社登録するには、「トライアル」とよばれる試験に合格する必要があり、複数の翻訳会社に登録することも可能です。

翻訳を依頼したいクライアントが翻訳会社に発注し、その内容を見て、登録されている人の中から最も適任だと思われる人に仕事を依頼する、ということになります。

このとき質の高い仕事をすることが出来れば、繰り返し仕事が来るようになり、収入も安定するでしょう。

しかし、翻訳会社に登録してもなかなか仕事の発注は来ないでしょう。

ここで注目したいのが、会社によっては、社内に翻訳の部署を設けているところもある、ということです。

社内で働くことによって、その分野の専門知識業界知識を得ることも出来ますし、このような形で実際に翻訳の仕事をしていたということは大きな実績となり、翻訳会社に登録した際、発注側としては仕事を出しやすくなります。

また、翻訳家の方の中には、企業に就職することによって、修行の場として働いている方もいるようです。

個人として企業より仕事を受注することも可能ではあります。

しかし、それは多くはなく、何より元社員や、紹介などの特別なつながりがあることが必要になってきます。

特に専門性の高い分野においては、翻訳家としての名が売れていれば、直接企業より声がかかることもあるかもしれませんが、まず期待は出来ません。

つまり、初めから個人としての活動をすることは難しい為、社内で働いたり、翻訳会社に登録する等をして、経験をつんだ後、となります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます