Tag Archives: プロ

最後に、翻訳家とは難しいですが、奥が深い、魅力ある職業です

最後に、翻訳家になるための方法をいくつかご紹介しましたが、それらをよんでお気づきになられたことと思いますが、翻訳という仕事は高度な能力を多岐にわたって必要とされる仕事であること、ということです。

しかし、その分多くの魅力を秘めている職業でもある、ということです。

誰でも出来るような仕事なんて、つまらないと思う方いませんか?

翻訳家は一生をかけて行う職業です。

出版翻訳で60代の方になると長老になりますが、それだけのベテランであっても、驚くほど勉強をしているそうです。

どこまでいっても勉強は終わらず、それほど奥が深いというわけです。

普通のサラリーマンであれば、若い頃当然勉強もしたはずですが、50代にもなれば、それもなくなるでしょう。

しかし、50を過ぎてもなお、まだまだ勉強が足りないと思ったり、もっと勉強しなくてはと思えるような職業は、なかなかないのではないでしょうか。

似たような世界では落語の世界が似ているかもしれません。

もしくは芸術にかかわっているような方。

どこまで行っても勉強が続くと思います。

最近では若い方が良いという職業も多いかもしれませんが、翻訳は違います。奥が深いものです。

もちろん30代と若い人もいますが、同じ土俵には60代のベテランとがいて、一冊でも本を出したら対等の立場になるわけです。

年功序列ではなく実力次第なのです。

翻訳は難しい職業であり、しかしそれ以上に魅力ある職業だということです。

それを忘れずに、ぜひプロとしての翻訳家を目指していただきたいと思います。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として腕を磨くのに、定例トライアルに挑戦してみるのも良いでしょう

翻訳家としての実力試しとして、翻訳コンテストももちろん良いですが、それでは満足できない方もいらっしゃるでしょう。

「せっかくチャレンジするのなら、仕事につながるような結果を残したい」という方も、中にはいらっしゃると思います。

年会費がかかってしまいますが、「フェロー・アカデミーの翻訳者ネットワーク『アメリア』」というところの会員になることがお勧めです。

多彩なサービスがある中で、飛びぬけているのが「翻訳トライアスロン」と「定例トライアル」というものです。

翻訳トライアスロンについては別の項目でご紹介しましたが、もう一つの定例トライアルは、仕事において通用するくらいのレベルを基準とした「模擬トライアル」になります。

訳文のレベルを、項目別に評価してもらえるという、とてもありがたいシステムで、翻訳トライアスロンとは違い、得意分野だけに応募することが可能になっています。

それをフェローでも教鞭を執っていらっしゃるプロ翻訳家が、誌上で講評してくれる、というシステムになります。

こちらで最高レベルの評価を受けること出来れば、アメリア内の求人応募に有利になったりするほか、協力翻訳会社からもオファーが来る、という可能性もあります。

翻訳トライアスロンで得意科目を確認し、定例トライアルで得意分野を毎回挑戦することで腕を磨きながら、仕事を取るという積極的な行動をとることが出来ます。

またそのような行動を起こすことが、仕事を得る為には非常に重要なポイントでもあると思います。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるための方法の一つに、学校に通うというものもあります

翻訳家になるためには、どのような方法があるのでしょうか。

一般的な方法としては、「翻訳学校に通う」という選択肢があり、それを選択する人も多いようです。

その場合学校で勉強をする事になりますが、実力を教師に認められると、下訳とよばれる「翻訳する際に原稿の草案としての大まかな訳をつけること」というもの等を頼まれる場合があり、そこからのスタートを始める方々が多いようです。

しかし、「仕事につながる情報も得られず、延々と授業を払い続ける」という状況が起きているということもあるようです。

つまり、翻訳学校の見極めと、学校でも自分の状況に対する見切りをつけることが出来なければ、授業料というむだな出費がかさんでしまいます。

それを考えると、学校に行くことは果たしていいことなのでしょうか?

教わっている、または教わろうとしているその先生は一流の先生でしょうか?

手ほどきを受けているその先生はどんな実力の先生でしょうか?

三流の先生に教わったとしても、四流にしかなれません。その先生がプロであればどんな作品を出しているのか、それをよんでから手ほどきを受けるべきです。

今では名前を検索すれば、どんな作品を手がけてきたのかすぐに分かります。とても簡単です。

それをせずに翻訳家になろうとしても、なれないでしょう。

しかし一流の先生が直接教えてくださることは、なかなかないでしょう。

けれどそんな一流の先生の作品は誰でも見ることができます。本を買うことも、図書館で借りるという方法もあります。

一流のプロの手口がすべて分かるのです、これで勉強しないという手はないです。

一流のプロの仕事を見ることは何よりも大切です。それは翻訳家ではなくても、スポーツのプロを目指すような人々と一緒です。

プロを見て学び、それを目指すこと。それは翻訳家でも一緒です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます