Tag Archives: マナー

翻訳家になるために、社会人としての経験は大切です

翻訳家の中で、「フリー翻訳家」と聞くと、なんとなく一人で部屋などにこもって、黙々と誰とも話さずにしている仕事であるかのように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に人づき合いが苦手で翻訳家になりたい、という考えを持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そのくらいの気持ちで翻訳家にはまずなれないでしょう。

そんなに簡単な職種ではありませんし、実際の翻訳家は人とかかわらない、というわけではありません。

翻訳会社などのクライアントとメール等でのやり取り、電話での応対など、通常の社会人としてのマナーが求められるようなことも当然行っています。

したがって、たとえ翻訳の質がよくても、社会人としての常識・マナーがない翻訳家が成功するはずはありません。

社会人としてビジネスマナーを習得することも、翻訳の仕事に就く際に、非常に役に立つことになります。

それだけでなく、社会人時代に身に付けた知識が、翻訳をする際に役に立つこともありえるのです。

特に専門職についていた方ならなおさらでしょう。

実際に翻訳者になる前は普通の会社員でした、という方も非常に多いようです。

まずは社会に出て、様々な知識を得ることはとても重要で、後々翻訳家として非常に有利に働く知識を得ることが出来るでしょう。

翻訳家の中にはもともと専門職についていた、という方もいらっしゃいます。

そういう方法もあるのだということを、柔軟性を持って考えることも必要でしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として挑むトライアル、見られているのは訳だけでは有りません

翻訳家として翻訳会社登録するには、まずトライアルに受けて、合格しなければなりません。

まずは基本的な事、誤訳をしていないか、正確に英文を解釈できているのか、という事がポイントとして見られます。

正確な訳がされているかというだけではなく、文書の性質にあったものか、その背景をしっかりと認識した上での文章であるのか、表現力が適切で読み安いのか、専門用語をきちんと調べているのか、というポイントも、審査の対象となっているようです。

中でも英語力以外にリサーチ能力も試されるようですです。

最近はインターネット電子辞書の普及でいつでもどこでも調べることが出来ますが、逆に膨大な情報の中からより早く、そしてより正確に調べることが出来るのか、取捨選択できるかという事が、求められてきます。

トライアルに受けて課題を提出しても、自分は受からないだろう、と思っていた人でも高評価を得て、合格が出来る人もいます。

つまり、自分の翻訳者としての価値として、高い評価を受けるときもあるわけです。

自己評価と違う場合も多いでしょう、客観的に確認する為という意味でも、様々な翻訳会社のトライアルに挑戦したほうが良いでしょう。

ここでの注意点は、トライアルの原稿を受け取ったら、期日までにしっかりと翻訳し、送るようにしましょう。

もし他に仕事をしていて提出が遅れる場合には、必ず事前に翻訳会社に知らせましょう。

トライアルの原稿を送ったにもかかわらず、その後まったく連絡がつかなくなった、という人もいるようです。

辞退する際でも社会人としてのマナーは守るべきです。必ず翻訳会社に連絡を入れましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます