Tag Archives: 主語

翻訳家になるために、一つずつステップをつむことが大切です

翻訳家が英文をスラスラ読める方法として、読む媒体を決め、読む時間も決め、電子辞書のツールを準備する、という下準備を整え、英文をよむ方法として、主語動詞から見つけて小さく分けて訳す、これが一つの提案で、それぞれポイントをお伝えしました。

しかし中には「英文をよんでいるといらいらする」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそんな人の多くは上記のようなステップを踏んでいない、という事が原因です。

その中で最もいけないのは、「英文の媒体もバラバラであり、読む時間もバラバラで、さらに調べるツールも持っていない」というような、「下準備が出来ていない人」です。

当然この初歩的なことはクリアするべきですが、中には「上記に記されているような、主題についての理解をすること、主語動詞を理解する、残りの補足情報を細かく区切って日本語にくっつけていく、という事が出来ない人」が多いのも事実になってしまっています。

すなわち、ここまでに伝えてきたポイントを、一つずつ確実に踏んで英文をよむことが何よりも大切であるのに、それがほとんど出来ていないという状況になってしまっているわけです。

この打開方法としては、まずは「ゆっくりと読む」」という事が重要ポイントになります。

英文をよんでいて起こるイライラに関しては、「理解できないもの」によって起きるイライラ感になるわけです。

ここまでのステップをきちんと踏めば理解できるものであるにもかかわらず、なおイライラしている方にとっては「ゆっくり読んで一つ一つの疑問を解決できていない」という事態になってしまいます。

別の言葉で言ってしまえば、少し厳しくいうと、よんでる気分になっているだけ、ということになってしまいます。焦って理解せずに英文を読み進めていくくらいならば、時間がかかっても確実に理解を深める、という方が圧倒的に得策ということになります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としてスラスラとよむためには、長い文をいかに早くよむ家が大切です。

翻訳家を目指すにあたって、大切なことの一つに「英文を早く読む」という事があります。

しかし、普段英文を見慣れていなかったり、これから勉強するという人は、なかなかスラスラと読むことは難しいでしょう。

まずポイントは「主語動詞を理解すること」ということです。

そのあと、英文を短く区切って情報を読み取っていく、ということになります。

主語」またはそれを含んだ句である「主部」を見つけ、それを頭の中で反芻(はんすう)しておきます。

その上で次に動詞を見つけていきます。

そうしたら今度はその意味と主部を頭の中でくっつけてみましょう。

こうして残りの部分も細かく分けて始めの日本語にどんどんくっつけていく、ということを行っていきます。

こうすることで、「誰(何)がどうした」という一つの言葉の流れを忘れずに、元の意味を捉えながら、綺麗な日本語で訳す事ができるようになっていくでしょう。

細かく分けることで意味を捉えやすいため、長い文をわけも分からずただ闇雲に言葉をつなげていくよりずっと簡単に行うことも出来ますし、「英語和訳」ではなく、しっかりとした一つの日本語としての文を作ることが出来ます。

面倒かと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、この方法のほうがずっと早く行えるということに気がつくでしょう。

始めは時間がかかることは仕方がないと思いますが、それをしっかり毎日行うことで、必ず身に付き、よむスピードも上がっていくでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるために、英文を読む為の重要なポイントとはどのようなことでしょう

翻訳家を目指すにあたって、英語を訳す際にどのようにしていくのか、始めは迷うこともあるのではないでしょうか。

学生の頃、中学や高校において英語の先生に「英語は後ろから訳すと良いですよ」といわれた経験はないでしょうか。

多くの人たちはそのようなことを言われてきているのではないでしょうか。

しかしそれが、大きく間違っている理論であったとしたら、どうでしょうか?

ひどく驚かれる方も多いのではないかと思われます。

では、翻訳家の人や英語をスラスラと読めるような人は、まずどこを見ているのでしょうか。

そのポイントが英語の初心者やスラスラと読めない人の差であると思った方もいらっしゃるかと思います。

まず、スラスラと読める人たちが見ているのは、「主語動詞」なのです。

まずは「誰が何をしたのか」ということは、文章の中で最も重要な部分であり、その文章の柱になるのです。

まず始めにすることは、その部分を理解するということ、それに対する「付属情報として」、残りの分を読んでいる、ということなのです。

しかしこのときも、「後ろから訳す」ということを行っているわけではありません。

英文を短く区切って、それを「頭の中で自然な日本語になるように文章を組み立てなおす」ということを行っているのです。

上記のような方法で英文を訳していくということは、今までと方法が違って始めは難しいことかもしれません。

しかし、どちらも非常に重要なポイントになりますので、あせらずに行っていくことが大切になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます