Tag Archives: 媒体

翻訳家になるために、一つずつステップをつむことが大切です

翻訳家が英文をスラスラ読める方法として、読む媒体を決め、読む時間も決め、電子辞書のツールを準備する、という下準備を整え、英文をよむ方法として、主語動詞から見つけて小さく分けて訳す、これが一つの提案で、それぞれポイントをお伝えしました。

しかし中には「英文をよんでいるといらいらする」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそんな人の多くは上記のようなステップを踏んでいない、という事が原因です。

その中で最もいけないのは、「英文の媒体もバラバラであり、読む時間もバラバラで、さらに調べるツールも持っていない」というような、「下準備が出来ていない人」です。

当然この初歩的なことはクリアするべきですが、中には「上記に記されているような、主題についての理解をすること、主語動詞を理解する、残りの補足情報を細かく区切って日本語にくっつけていく、という事が出来ない人」が多いのも事実になってしまっています。

すなわち、ここまでに伝えてきたポイントを、一つずつ確実に踏んで英文をよむことが何よりも大切であるのに、それがほとんど出来ていないという状況になってしまっているわけです。

この打開方法としては、まずは「ゆっくりと読む」」という事が重要ポイントになります。

英文をよんでいて起こるイライラに関しては、「理解できないもの」によって起きるイライラ感になるわけです。

ここまでのステップをきちんと踏めば理解できるものであるにもかかわらず、なおイライラしている方にとっては「ゆっくり読んで一つ一つの疑問を解決できていない」という事態になってしまいます。

別の言葉で言ってしまえば、少し厳しくいうと、よんでる気分になっているだけ、ということになってしまいます。焦って理解せずに英文を読み進めていくくらいならば、時間がかかっても確実に理解を深める、という方が圧倒的に得策ということになります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるためのトレーニング、まず主題何かを知ることが大切です

翻訳家を目指すために、読む媒体を決め、時間を決め、利用する辞書を決めたところで、下準備が完了となります。

では、英文をスラスラ読む為には、どのようなトレーニングをしたらいいのでしょうか?

これはどんな場合でも、つまりリスニングを行う場合や、TOEICの勉強をする場合も一緒ですが、まず最も大切なのは「何が主題であるのか」ということです。

それを理解せずに文章を読む事は危険なことです。

テレビ等を始めとして、日本語で流れているニュース番組であっても、「○○事件の犯人逮捕」などの字幕がテレビ画面の下などに出ていると思いますが、これによって「ニュースの主題」が分かり、それを理解してもらうという効果があります。

その上でニュースの内容を伝えるという役割があるわけです。

読むスキルである「リーディング」もこれと同じ考えで英文を見てみると分かりやすいと思います。

まず大切なことは「どんなことについて書かれている英文であるのか」ということを理解するところから始めましょう。

それが理解できずにいくらよんでも内容が頭に入ってきません。

そんな状態で読み進めたとしてもモヤモヤした感じが頭から離れず、最終的には「分からない」という事態になってしまいます。

英語の記事をよむ場合に大切なことは、「タイトルだけはしっかりと訳す」ということを忘れずに行うことです。

そうすることで、何について書かれている英文なのかという、主題だけでも分かると、内容の理解度は大幅に上がります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって必要な英文を読むということ、時間を決めて習慣を身に付けましょう

翻訳家を目指すとき、英文を早く読む事が必要になりますが、まず初めの一歩として読む媒体を決めましょう。

媒体の決定する為の提案としては別にご紹介していますが、ここではその次に重要なポイントを記載していきたいと思います。

媒体を決めた後、次に必要な事は「読む時間を決める」ということです。

これは非常に重要なポイントですが、いつ読まなくてはいけない、というような時間の指定は特にありません。

基本的には「好きな時間に」でいいわけです。

ここで大切なことは「定期的に、(出来るだけ)毎日読む習慣をつけること」というものです。

なかなか時間をとるというのが難しいかもしれませんが、一つの提案としては、毎日の通勤・通学時や、昼食の時間などです。

今までボーっと過ごしていたり、無駄に携帯をいじっていたりしていたのなら、なおさら利用しやすい時間かと思います。

出勤等の移動時間が長い方なら、なおさら今まで無駄に思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その時間をスキルアップに利用できるのなら、逆にありがたい時間になるのではないでしょうか。

移動時間や昼食時などを読む時間に設定して、「そのときになると自然に媒体に手が行く」というような癖をつけてしまいましょう。

英文をスラスラと読むというスキルは短時間で付く物では有りません。

しかしその上で3ヶ月で身に付けてしまおうとしているわけですから、「毎日読む習慣」ということは重要性が高く、重要なポイントで、それを理解することが大切になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって「英文を読むこと」、その速さを手に入れる第一歩とは

翻訳家にとって重要ともいえる「英文を読む速さ」ですが、翻訳家の方々は当然のようにスラスラと英文や英語を読むことが出来ます。

中には翻訳家ではなくても、普段から英文を読み慣れている人も、問題なく読む事が出来ると思います。

「英文をスラスラ読むことが出来る人って、頭の中どうなってるんだろう」って疑問に思うかもしれません。

しかし忘れてはいけません、初めからスラスラと英文を読めたわけではないのです。

トレーニングを積んだり、何度も本を読んでつけたスキルであるわけです。

上手くステップを踏めば、比較的スムーズに読むスキルをあげることが出来ます。

目安は約3ヶ月ほどです。

この期間で読む力の上達を感じることが出来ると思います。

そのためにはまず大切なのは、「環境を整えること」です。

思わずやってしまいがちなのは、複数の媒体に手を出すことや、闇雲に選んだ英字新聞などの購入です。

それらを読もうとして一回で挫折したこと、ないでしょうか。

これではせっかく買っても意味がありません。

大切なのは「定期的に読む環境」というのを整えることです。

初めに行うのは何を読むのか、つまり「媒体」を探す作業からになります。

英字新聞なのか、インターネットの記事にするのか、もしくは英語の書籍を購入するのかと、いくつか考えられます。

しかし上記に触れたように、複数の媒体に手を出すのはやめて、一つの媒体に絞ってしまいましょう。

初心者へのお勧めに「ワシントンポストのキッズ版」というのがあるようで、最近ではデータ化もしているようです。

「Kids Post]というのがそれのようですので、データをダウンロードしてiPadのようなものに保存しておけば、利用しやすいと思われます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます