Tag Archives: 専門知識

翻訳家にとって必要な「語学力」。英語だけではなく日本語力もつけていきます

翻訳家を目指すにあたって、英語の勉強の方法以外に必要な事、それが「語学力」となってきます。

それは日本語力、そして英語力、ともに鍛えることが必要になります。

中には「日本語で生活してるのに、日本語力を鍛える必要なんてないのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、綺麗な日本語を利用できるでしょうか?

人をひきつける小説のような物を書く仕事ができるでしょうか?

翻訳をするときには、まず英語の原文を読み、それをしっかり理解したうえで、日本語に翻訳する必要があります。

例えば小説のようなものであれば、女性も子供も老人も、すべての人が同じ口調で話していたらおかしいですよね。

感情のある言葉がただ事務的な言葉で話していても、つまらないですよね。

つまり英文を読み、その感情等を読み取り、それを日本語に再構築する力が必要なのです。

そういう意味では小説家と同じような力が必要になるのです。

普段から本を読むのが好きで、いつも何かを読んでいるような方や、原書を読むのが趣味の人は、あまりその言語について意識する必要はないと思います。

対して普段本を読まない方は、意識的に小説や雑誌、エッセイ等の興味のある書物を多く読む必要があります。

英語圏文化知識が必要となる場合も多いので、外国の文化に興味を持つことも大切です。

実務翻訳を目指す方は、さらに興味のある分野を勉強してみてください。

その分野の専門書、専門誌で面白そうだと見えるものを、日本語と英語で読んでみましょう。

英語や日本語でどのような言い回しが一般的であるのか、という勉強になりますし、専門知識も増えていきます。

この頃に自分の目指す翻訳家の道が見えてくると良いでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、専門知識を持つことは、とても重要です

翻訳家を目指すにあたって、英文をスラスラと読む事は初めはなかなか上手く行かないかもしれません。

始めは時間もかかってしまう作業だと思われます。

しかし、トレーニングを繰り返すうちに、スピードも上がっていき、単語力読解力も自然にアップしていくでしょう。

翻訳家英文をスラスラと読める人の頭の中では行われていることです。

これらのステップを確実に、そして早くよむことが出来るようになるには、多くの書物をよむ事が重要になるでしょう。

しかし、注意したいのは「読んだ気分で終わらせないこと」になります。

一つ一つのステップを確実に踏み、その練習をきちんと重ね「スピードアップと着実な理解」が可能になる、ということになります。

英文がスラスラと読めるようになり、TOEIC950点以上英語力があれば、ほとんどの英文を理解することが可能になるでしょう。

それと同時に「得意な分野専門知識」をつけていくと良いでしょう。

それはなぜでしょうか?

専門的な英文を翻訳しようとしたとき、専門知識を持って書こうとした場合とそうでない場合は、翻訳のスピードにはかなり差が出てきます。

例えば医療系やIT関係の翻訳であれば、医療系の専門知識やITに詳しい方が、非常に有利です。

翻訳スピードが上がるだけでなく、翻訳会社の求人にも、翻訳家としての英語力以外にも、この専門知識を持っているのか、という事が条件になる場合も多いのです。

そのためにも日ごろから得意分野の専門知識をつけるように意識しましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中で初めに行う可能性のある実務翻訳家になるためには

翻訳家の中で、最も多いとされる「実務翻訳家」になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

実務翻訳として一番多いのは、翻訳会社登録することです。

翻訳会社登録するには、「トライアル」とよばれる試験に合格する必要があり、複数の翻訳会社に登録することも可能です。

翻訳を依頼したいクライアントが翻訳会社に発注し、その内容を見て、登録されている人の中から最も適任だと思われる人に仕事を依頼する、ということになります。

このとき質の高い仕事をすることが出来れば、繰り返し仕事が来るようになり、収入も安定するでしょう。

しかし、翻訳会社に登録してもなかなか仕事の発注は来ないでしょう。

ここで注目したいのが、会社によっては、社内に翻訳の部署を設けているところもある、ということです。

社内で働くことによって、その分野の専門知識業界知識を得ることも出来ますし、このような形で実際に翻訳の仕事をしていたということは大きな実績となり、翻訳会社に登録した際、発注側としては仕事を出しやすくなります。

また、翻訳家の方の中には、企業に就職することによって、修行の場として働いている方もいるようです。

個人として企業より仕事を受注することも可能ではあります。

しかし、それは多くはなく、何より元社員や、紹介などの特別なつながりがあることが必要になってきます。

特に専門性の高い分野においては、翻訳家としての名が売れていれば、直接企業より声がかかることもあるかもしれませんが、まず期待は出来ません。

つまり、初めから個人としての活動をすることは難しい為、社内で働いたり、翻訳会社に登録する等をして、経験をつんだ後、となります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、必要なスキルとはどんなものがあるのでしょうか

翻訳家にもいくつか種類がありますが、翻訳家になるためには、どうすればいいのでしょうか?

まずは必要なスキルを紹介させていただきたいと思います。

当然のことながら、例えば一番多いと思われる英語を日本語に翻訳する、ということになった場合、英語と日本語の、両方の語学力が必須になります。

英語を日本語と同じような感覚で読めること、これは原文の読解力だけでなく、翻訳をした文章を再構成する為の「文章能力」も含まれていることを忘れてはいけません。

また、海外での生活が長いような方は、英語の意味をどれだけ正確に理解することが出来たとしても、今度は日本語力を鍛えなければならないかもしれません。

翻訳家になるためには「TOEICで950点以上の語学力」とも言われているようですが、この点数だけでは仕事は出来ません。

あくまでも読み手側に伝わりやすい文章を書くことが大切な為、「会話能力」が重要視されているようです。

また、翻訳する時、専門知識が必要な分野の物を翻訳するときには、その原文を理解することがまず大切になってきます。特定の言い回し等、その分野での特殊な言い方もあります。

したがって、このときに必要とされるのは「情報収集能力」そして「情報解析能力」が必要になってきます。

現在では書籍だけではなく、インターネットを上手く利用することが、必須となってくるでしょう。最近ではパソコンを利用することが多くなってきている為、パソコンの簡単な知識として「Word」や「Excel」での表作成、簡単なレイアウトの知識も最低限必要であり、文字入力の速度も大事になってきます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家が出版する翻訳書の中でも、多くを占める小説等の翻訳「出版翻訳」の詳細とは

翻訳家の仕事には、いくつも種類がありますが、大きく分けて3つに分けることが出来ます。

そのなかで「出版翻訳」というふうによぶものがあります。これは「文芸翻訳」を代表とする、外国の書籍を日本で出版するために小説等の出版物として行う翻訳の事を「出版翻訳」とよびます。

出版物の分野も広く渡っていて、純文学のようなものは、時代背景や文学、歴史等の様々な知識が必要になってきます。

そのため、翻訳を専業としている翻訳家だけではなく、その分野に特化した知識を持つ研究者や作家が手がけることも多いようです。

したがって、翻訳経験が少ない場合でも、専門知識があれば活躍することも出来るジャンルになっています。

このほかには、小説やミステリー、ファンタジー、そして映画のノベライゼーション等のエンタテイメント的な翻訳では、出版点数として翻訳書の中でも多くを占めています。

しかしこの場合、ただ外国語を訳せば良いということではありません。それではただの英文和訳になってしまいます。それでは原作者も嘆くことでしょう。

出版翻訳をするのであれば、原作をどこまで理解することが出来るのか、さらにそれを改めて文章にする、ということになるため、文才も問われるということになります。

お気づきかと思いますが、英語が得意というだけでは、つまらない文章になってしまいます。日本語も得意でなければ務まらないということです。

出版翻訳を目指すというのであれば、小説家等と同等の文章能力などがなければならない、ということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます