Tag Archives: 映像翻訳

翻訳家を目指す際、力量を試す方法の一つとして、翻訳コンテストというのがあります

世界中には様々なコンテストがあると思います。

翻訳の世界においても、コンテストがあります。

翻訳家としての力量を試すことが出来るわけです。

コンテストの応募方法としては、雑誌等に記載されている課題文を訳し、それを主催企業に送って能力を評価してもらう、ということになります。

その中の一つとして、業界誌である「通訳・翻訳ジャーナル」というものでは、定例の誌上翻訳コンテストというのを行っています。

出版翻訳映像翻訳産業翻訳の各分野において、力試しを行うことが出来るという、非常に魅力的なコンテストになります。

詳細に関してはそちらをごらんいただく方が良いかと思います。

では翻訳コンテストに応募する、ということに、どのような意義があるのでしょうか?

まずポイントとして、この翻訳コンテストというものと、翻訳会社が行っているトライアルには大きな違いが有ります。

トライアルは仕事をもらえる・もらえないということがかかわってきますが、翻訳コンテストにおいてはそのような切迫したものはありません。

現在学習中の人たちが、自らの力試しの場として挑戦できる、非常に有効な練習材料である、ということです。

それだけではなく、もし優秀であると認めてもらうことが出来れば、自分の能力に自信を持つことができます。

これによって仕事を紹介してもらえるようなものはありません。

しかし、後日掲載される翻訳のポイント、そして講評をよむ事で、プロの翻訳家のノウハウや、思想プロセスなどを吸収することも出来ます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の初心者は、まず日本語の文章の基本を身につけなければなりません

翻訳家を目指す時、初心者が始めるのは、おそらく実務翻訳からが多いでしょう。

その中でも英日翻訳が多い可能性が高いでしょう。

つまり、日本語の文章の基本を身につけなければならない、ということです。

日本人にとっても、綺麗な日本語を書く、ということは容易ではありません。

そんな中、日本語の文章力に関する書物も多く出ています。

いくつか参考になる本もあります。

忘れてはならないのは、翻訳の文体は、その翻訳する分野によって様々である、ということです。

大きく分けて3つある「実務翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」、それぞれ違うテクニックが必要になります。

しかし、いずれの道を選んでも、日本語文章力等の基本は変わりませんので、しっかりと身につけることが大切です。

では実際にどのような練習をするとよいでしょうか?例えば日本の出来事を英語で発信しているサイトの、ニュースの英文を日本語に直してみます。

そのあとで日本語のサイト(NHKなど)で、同じ出来事の日本語文章を探し、自分が翻訳した文章や表現を比べてみる、というものです。

それを確認すれば、自分の訳文が仕事として、お金になるかどうか、ということが分かると思います。

翻訳はただ英文和訳をしても仕方が有りません。

初めは翻訳料も高くありません。経験を積むことが、まず初めに大切なことです。

翻訳会社の中には、翻訳を修正したものを、フィードバックしてくださるところもあるようです。非常にありがたいことですので、まずは自分の訳文はどこがいけないのか、それを確認することです。それは一目瞭然ですので、それを自分のものにし、実力をつけましょう。それに伴って、翻訳料金も上がっていきます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の料金相場は一般的にはどのくらいになるのでしょうか

翻訳家になるためには高度な能力を必要とします。

つまりそれだけ難しいですが、もちろんその分魅力も多いでしょう。

現在ではインターネットの普及、そして翻訳ソフトなどが利用できるようになり、一般の人でも海外の情報を得ることが、気軽に出来るようになってきました。

しかし、それはあくまでも機械的なものであり、感動を伝えるような文章では、まだ不十分な部分も多いものです。

つまり、その分翻訳家という仕事は、やはりやりがいのある仕事、であるといえるのではないでしょうか?

では、その翻訳家という仕事は、どのくらいの収入になるのでしょうか。

大きく分けて3つに分類される翻訳家ですが、まず、最も多くを占める「実務翻訳」では、英文和訳を400文字で1300円~2500円が一般的のようです。

専門的な要素を必要とする医療や経済等、多岐にわたっている実務翻訳では、実力がある翻訳家では月収で100万という人もいるようです。

出版翻訳」は、本の定価の3~8%の印税か、原稿の買取、ということになるようです。

値段の目安として、例えば2500円定価の本で3%の印税であった場合、実売予想部数を3000冊と仮定した場合は、{2000×0.03×3000=180.000}で、18万の印税収入という計算になります。

印税収入ではなく原稿の買取、という場合は、新人翻訳家の場合が多いようです。

この場合、翻訳会社の気持ち次第、ということになり、幅が多いようです。

映像翻訳」の場合は、10分で5,000~15,000円、映画であったら1本につき40~50万円ということになります。

前記の実務翻訳や出版翻訳に比べて、幅が大きいのが特徴的になります。

出版物のような実売予測等の料金体系ではなく、その会社の規模等によって大きく左右されるようです。

このほかに原稿がない状態でのヒアリングのみ、という場合は高めの料金になるようです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中でも「映像翻訳」とよばれる、映画等を支えている翻訳とは。

翻訳家の仕事には、大きく分けて3つに分けることが出来ますが、その中の「映像翻訳」というのはどのようなものが含まれているのでしょうか?

映像翻訳メディア翻訳ともよばれています。これはテレビや映画のようなメディア系の翻訳のことを言います。

映像翻訳はさらに3つに分けることが出来ます。

字幕翻訳」とよばれるのは、主に映画やテレビ等の台詞やナレーションを字幕にする、という仕事になります。

吹き替え翻訳」とよばれるのは、映画やテレビ番組などの台詞やナレーションを吹き替え用の台本にする仕事です。

放送翻訳」とよばれるのは、テレビ等のインタビューの音声や海外ニュース等を翻訳する仕事になります。

このほかにも音楽業界においては、音楽の歌詞の翻訳を行う音楽通の翻訳家の方が活躍しています。

最近ではDVDやテレビの多チャンネル化によって仕事が増えてきています。

またゲームやウェブサイトなどもあり、成長が期待できる分野ともいえます。

しかし、需要に関しては実務翻訳に比べて非常に少ない為、翻訳の仕事を手に入れるのはとても難しい、というのが現状です。

しかし、実際になっている翻訳家の方もいますし、インターネット上の膨大な映像の翻訳を依頼したい、というニーズも高まっていて、新人でも仕事を得やすいといわれています。

通常とは違ったルートでの仕事にはなりますが、アンテナを張っていればチャンスをつかめる可能性もあります。

また、新聞や雑誌記事の翻訳のことを「活字メディア」といわれていますが、翻訳市場としてはまだまだ小さいものの、発展の余地を残している分野になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家とは、いったいどんな仕事をしているのでしょうか。

翻訳家、という言葉を聞いたことが有る人がほとんどではないでしょうか?

しかし、その仕事内容を正確に言える方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

翻訳とは、最も身近なものとして、言語における翻訳があります。

例えば英語記録されたもの、書物等のものから、それを日本語の形に翻案する、ということになります。

しかし、この翻訳という仕事はジャンルが幅広く、その翻訳する内容によって、様々な種類がありますが、大きく分けると3つに分けることが出来ます。

実務翻訳」「映像翻訳」そして最初の例題にあげたものも含まれる「出版翻訳」になります。

これらのように大きく分けても3つになる翻訳家、その仕事の仕方も収入もまったく異なります。

翻訳家を目指すという方は、まず翻訳家の種類を知ること、その種類によって違った必要なスキルも変わってくることをること、そしてそれらを知った上で、自分の目指す道を決めることが大切になってきます。

翻訳家の中には、様々な分野の翻訳を行っている方もいらっしゃいますが、それは容易な事ではありません。

まずは自分の得意分野に仕事の内容を絞る方が良いのではないかと思います。

まず初めに知っていただかなくてはならないこと、それは翻訳家になるために、単に外国語が出来るだけでは仕事を得ることが出来ない、ということです。

翻訳家のことを知ったとき、皆さんも翻訳家は簡単な仕事ではないと認識せざるを得ないと、思うのではないでしょうか。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます