Tag Archives: 納期

翻訳家として仕事をする際に、納期を守ることは重要ですが、間にあわなそうなときは

翻訳家として、第一歩を踏み出しようやく仕事をもらえるようになったものの、「翻訳がなかなか進まない」「翻訳がなかなか捗らない」といったように、納期に間に合わない、という事態が起こってしまうかもしれません。

本来は一度引き受けた翻訳は、必ず納期を守ることは鉄則です。

納期を守るということは、翻訳会社との信頼関係だけでなく、クライアントとの信頼関係をつなぐ為にも、最も重要なことになります。

まず忘れてはならないのは、日ごろから自分の翻訳ペースを把握しておくことです。

翻訳家の人は、翻訳のの高さとスピードが求められます。

翻訳作業は非常に高い集中力が必要です。

中には自宅で仕事をする人もいるでしょう。

そう言った方は、仕事専用のスペースを確保しましょう。

出来れば部屋を設けたいところですが、食事を終えてからテーブルを片付けて行うという方法もあります。

ここでのポイントは、だらだらと行わず、一つの仕事場としての確保をすることが大切です。

それによって集中しやすくなるでしょう。

そして自宅で仕事をする際には時間が不規則になりがちです。

日ごろから体調管理に注意を払い、体調を崩して納期が守れなかった、という事がないように、また分かった時点で、なるべく早い段階で納品先に連絡することも重要です。

それ以外に、「能力的」または「時間的」に、厳しいものだと判断した場合には、翻訳を仕事として受ける前に、断るという勇気を必要になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家に向いている人はどんなひとでしょうか

翻訳家として仕事をしていくのに、どんな人が向いているのでしょうか?

もちろん出来るだけ高い英語力はあったほうがいいですが、翻訳の勉強を始めるには高校卒業程度の英語力が有れば十分だという方もいらっしゃいます。

しかし、当然語学の習得に終わりはなく、翻訳家として続けるには、英語の勉強をずっと続けていくという態度が必要になってきます。これはどんな英語力をもっていても変わりはありません。

それだけでなく、好奇心があり、様々な知識を身につけたいと思っている人は向いているかと思います。

さらに現在の翻訳作業にとって、パソコンが不可欠であり、パソコンの操作に抵抗がないという人が向いているかと思います。

翻訳家仕事を始めたいと思ったら、ほかの事を犠牲にしても頑張るということが重要で、少しずつ勉強して、なんとなくなれたらいいな程度の考えでは翻訳家にはなることが出来ません。

そのくらいの考えであったら、翻訳家はあきらめた方が良いでしょう。

まず目標を決め、それを達成するまで精一杯頑張る、それが大切なことです。

翻訳家としての一歩を踏み出すには勇気も必要でしょう。

翻訳家としての必要なスキルを得ても、それだけでは仕事になりません。

まずそのスキルを認めてもらうために、自分を売り込む為の「営業能力」それを実行する「行動力」そして仕事としてひきうける以上、何を犠牲にしてもその仕事を完成させるという「覚悟」も必要です。

もし仮に、期限が遅れたり、の悪い仕事で納品した場合、それ以後の仕事がもらえないことはもちろん、その納品した仕事の報酬すらもらえない可能性もあります。

まずは納期を守ること、そしてを高めていくこと、そうして初めて安定した仕事を得ることが出来るということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます