Tag Archives: 翻訳会社

翻訳家の料金相場は一般的にはどのくらいになるのでしょうか

翻訳家になるためには高度な能力を必要とします。

つまりそれだけ難しいですが、もちろんその分魅力も多いでしょう。

現在ではインターネットの普及、そして翻訳ソフトなどが利用できるようになり、一般の人でも海外の情報を得ることが、気軽に出来るようになってきました。

しかし、それはあくまでも機械的なものであり、感動を伝えるような文章では、まだ不十分な部分も多いものです。

つまり、その分翻訳家という仕事は、やはりやりがいのある仕事、であるといえるのではないでしょうか?

では、その翻訳家という仕事は、どのくらいの収入になるのでしょうか。

大きく分けて3つに分類される翻訳家ですが、まず、最も多くを占める「実務翻訳」では、英文和訳を400文字で1300円~2500円が一般的のようです。

専門的な要素を必要とする医療や経済等、多岐にわたっている実務翻訳では、実力がある翻訳家では月収で100万という人もいるようです。

出版翻訳」は、本の定価の3~8%の印税か、原稿の買取、ということになるようです。

値段の目安として、例えば2500円定価の本で3%の印税であった場合、実売予想部数を3000冊と仮定した場合は、{2000×0.03×3000=180.000}で、18万の印税収入という計算になります。

印税収入ではなく原稿の買取、という場合は、新人翻訳家の場合が多いようです。

この場合、翻訳会社の気持ち次第、ということになり、幅が多いようです。

映像翻訳」の場合は、10分で5,000~15,000円、映画であったら1本につき40~50万円ということになります。

前記の実務翻訳や出版翻訳に比べて、幅が大きいのが特徴的になります。

出版物のような実売予測等の料金体系ではなく、その会社の規模等によって大きく左右されるようです。

このほかに原稿がない状態でのヒアリングのみ、という場合は高めの料金になるようです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の、放送・映像翻訳家になるためには、メディアによって方法が異なります

翻訳家のうち「映像翻訳家」になるためには、どのような方法があるでしょうか。

まず知っておきたいのは、放送・映像翻訳家の場合、そのメディアによって発注方法が異なる、ということです。

基本的には制作会社より個人に直接仕事の依頼があるのが普通です。

つまり、制作会社とのコネクションを持っていることが必要で、それ以外には翻訳会社を経由する、という場合もあります。

最近のメディア多様化にあたって、この分野の仕事の依頼が増えてきている為、新人であっても仕事を請けることが可能になってきています。

この場合には、翻訳家としての実力の確認の為「トライアル」とよばれる試験に合格する、ということが必要になります。

また、求人誌などに翻訳家の募集広告が入っているような場合もありますので、チェックすることも大切です。

翻訳学校に通っている場合には、情報も入手しやすいでしょう。

業界との接点を得る為に、翻訳家としてではなく、翻訳以外の仕事でその業界に入り、コネクションを得る、という方法も良いかもしれません。

必要なのは多くのコネクションです。

出来るだけ多くの接点を持ち、仕事の依頼をもらえるように動くようにしましょう。

テレビや映画等では、字幕等により笑いや感動をさらに引き立てることも出来る魅力的な仕事です。

中には原稿がなく、ヒアリングによる翻訳をする方法も中にはあるようです。

そう言ったスキルを身につけるのも良いかもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中で、出版翻訳家になるための方法とは

翻訳家になるためには、いくつかの方法があります。

その中で「出版翻訳家」になるための方法を少しご紹介したいと思います。

一般的には、出版社から翻訳家に直接、翻訳の依頼がされます。

このほかには多い事例では有りませんが、翻訳会社などが、仕事の仲介をすることもあるようです。

基本的に編集者から翻訳者へ直接連絡がされるため、編集者とのコネクションが必要となります。

この連絡の一つとして、例えば出版前に行われる「リーディング」というものがあります。

このリーディングというのは、まず原書を読み、その要約と感想等を提出する、というものです。

出版社はこれを確認し、それを元に翻訳出版するかどうかを決定することになります。

しかし、そのためにはまず、出版社にあなたの実力を知ってもらう必要が有ります。

出版社の中には、翻訳コンテストを行っているところもあるようですので、このようなコンテストで入賞することが出来れば、あなたの実力は評価され、それによって仕事を請けやすくなることでしょう。

実際に現在活躍している翻訳家の方の中にはコンテスト出身者の方もいらっしゃいます。

このほかには、実際に一部を翻訳したものを直接持ち込む、という方法もあります。

これらの方法以外にも翻訳家としてのつながりによって、紹介があるかもしれませんし、翻訳学校に通っていたとすれば、講師の翻訳家から仕事を紹介していただけるかもしれません。

その他にも、一冊の本を複数の翻訳家によって共訳する場合に声がかかることもあるかもしれませんし、翻訳家の方から部分的な依頼が来ることもあります。

出版業界で働いていた場合には編集者や翻訳者とのつながりも出来ることでしょう。

これらいずれの方法であっても、翻訳家としての実力が必要不可欠です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中で初めに行う可能性のある実務翻訳家になるためには

翻訳家の中で、最も多いとされる「実務翻訳家」になるためにはどのような方法があるのでしょうか。

実務翻訳として一番多いのは、翻訳会社登録することです。

翻訳会社登録するには、「トライアル」とよばれる試験に合格する必要があり、複数の翻訳会社に登録することも可能です。

翻訳を依頼したいクライアントが翻訳会社に発注し、その内容を見て、登録されている人の中から最も適任だと思われる人に仕事を依頼する、ということになります。

このとき質の高い仕事をすることが出来れば、繰り返し仕事が来るようになり、収入も安定するでしょう。

しかし、翻訳会社に登録してもなかなか仕事の発注は来ないでしょう。

ここで注目したいのが、会社によっては、社内に翻訳の部署を設けているところもある、ということです。

社内で働くことによって、その分野の専門知識業界知識を得ることも出来ますし、このような形で実際に翻訳の仕事をしていたということは大きな実績となり、翻訳会社に登録した際、発注側としては仕事を出しやすくなります。

また、翻訳家の方の中には、企業に就職することによって、修行の場として働いている方もいるようです。

個人として企業より仕事を受注することも可能ではあります。

しかし、それは多くはなく、何より元社員や、紹介などの特別なつながりがあることが必要になってきます。

特に専門性の高い分野においては、翻訳家としての名が売れていれば、直接企業より声がかかることもあるかもしれませんが、まず期待は出来ません。

つまり、初めから個人としての活動をすることは難しい為、社内で働いたり、翻訳会社に登録する等をして、経験をつんだ後、となります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるための方法には、翻訳会社に勤める、という方法もあります。

翻訳家になるためには、一つの方法として学校を挙げましたが、その場合、気をつけるべきことは学校・先生の見極めが大切です。

その他の方法の一つとして、少し遠回りにはなりますが、翻訳会社で働くという方法もあります。

というのも、様々な意味で得るものが大きい方法になるからです。

翻訳会社で「コーディネーター」とよばれる仕事をすることによって、翻訳という仕事自体の流れが分かること、また実際業務として触れることで、求められている翻訳家のタイプ等も知ることが出来るでしょう。

その他にも「チェッカー」という、翻訳されたものをチェックする仕事もあり、翻訳力を身につけることも出来ます。

またそれらの仕事に触れて、様々な経験をつむだけでなく、そこで作った人脈から翻訳家になったときの仕事につながる場合もあります。

そのほかに直接仕事に結びつくということではないようですが、一つの情報としての紹介になります。

翻訳技能検定試験」という日本唯一の公的資格検定が有ります。

この翻訳検定を受けることによって、自分の翻訳力を自覚し、また能力の向上に努めることの目安として、翻訳家としてのステップには一つの重要なポイントになるかとは思います。

これら以外にも、大きく3つに分類された翻訳家の種類によって、その方法も異なってきます。

目指す翻訳家の種類が決まっているということであれば、その翻訳家を目指す為の一つの方法を知る、ということで、そちらの方も参考にすると良いかもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます