Tag Archives: 翻訳学校

翻訳家の、放送・映像翻訳家になるためには、メディアによって方法が異なります

翻訳家のうち「映像翻訳家」になるためには、どのような方法があるでしょうか。

まず知っておきたいのは、放送・映像翻訳家の場合、そのメディアによって発注方法が異なる、ということです。

基本的には制作会社より個人に直接仕事の依頼があるのが普通です。

つまり、制作会社とのコネクションを持っていることが必要で、それ以外には翻訳会社を経由する、という場合もあります。

最近のメディア多様化にあたって、この分野の仕事の依頼が増えてきている為、新人であっても仕事を請けることが可能になってきています。

この場合には、翻訳家としての実力の確認の為「トライアル」とよばれる試験に合格する、ということが必要になります。

また、求人誌などに翻訳家の募集広告が入っているような場合もありますので、チェックすることも大切です。

翻訳学校に通っている場合には、情報も入手しやすいでしょう。

業界との接点を得る為に、翻訳家としてではなく、翻訳以外の仕事でその業界に入り、コネクションを得る、という方法も良いかもしれません。

必要なのは多くのコネクションです。

出来るだけ多くの接点を持ち、仕事の依頼をもらえるように動くようにしましょう。

テレビや映画等では、字幕等により笑いや感動をさらに引き立てることも出来る魅力的な仕事です。

中には原稿がなく、ヒアリングによる翻訳をする方法も中にはあるようです。

そう言ったスキルを身につけるのも良いかもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の中で、出版翻訳家になるための方法とは

翻訳家になるためには、いくつかの方法があります。

その中で「出版翻訳家」になるための方法を少しご紹介したいと思います。

一般的には、出版社から翻訳家に直接、翻訳の依頼がされます。

このほかには多い事例では有りませんが、翻訳会社などが、仕事の仲介をすることもあるようです。

基本的に編集者から翻訳者へ直接連絡がされるため、編集者とのコネクションが必要となります。

この連絡の一つとして、例えば出版前に行われる「リーディング」というものがあります。

このリーディングというのは、まず原書を読み、その要約と感想等を提出する、というものです。

出版社はこれを確認し、それを元に翻訳出版するかどうかを決定することになります。

しかし、そのためにはまず、出版社にあなたの実力を知ってもらう必要が有ります。

出版社の中には、翻訳コンテストを行っているところもあるようですので、このようなコンテストで入賞することが出来れば、あなたの実力は評価され、それによって仕事を請けやすくなることでしょう。

実際に現在活躍している翻訳家の方の中にはコンテスト出身者の方もいらっしゃいます。

このほかには、実際に一部を翻訳したものを直接持ち込む、という方法もあります。

これらの方法以外にも翻訳家としてのつながりによって、紹介があるかもしれませんし、翻訳学校に通っていたとすれば、講師の翻訳家から仕事を紹介していただけるかもしれません。

その他にも、一冊の本を複数の翻訳家によって共訳する場合に声がかかることもあるかもしれませんし、翻訳家の方から部分的な依頼が来ることもあります。

出版業界で働いていた場合には編集者や翻訳者とのつながりも出来ることでしょう。

これらいずれの方法であっても、翻訳家としての実力が必要不可欠です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家になるための方法の一つに、学校に通うというものもあります

翻訳家になるためには、どのような方法があるのでしょうか。

一般的な方法としては、「翻訳学校に通う」という選択肢があり、それを選択する人も多いようです。

その場合学校で勉強をする事になりますが、実力を教師に認められると、下訳とよばれる「翻訳する際に原稿の草案としての大まかな訳をつけること」というもの等を頼まれる場合があり、そこからのスタートを始める方々が多いようです。

しかし、「仕事につながる情報も得られず、延々と授業を払い続ける」という状況が起きているということもあるようです。

つまり、翻訳学校の見極めと、学校でも自分の状況に対する見切りをつけることが出来なければ、授業料というむだな出費がかさんでしまいます。

それを考えると、学校に行くことは果たしていいことなのでしょうか?

教わっている、または教わろうとしているその先生は一流の先生でしょうか?

手ほどきを受けているその先生はどんな実力の先生でしょうか?

三流の先生に教わったとしても、四流にしかなれません。その先生がプロであればどんな作品を出しているのか、それをよんでから手ほどきを受けるべきです。

今では名前を検索すれば、どんな作品を手がけてきたのかすぐに分かります。とても簡単です。

それをせずに翻訳家になろうとしても、なれないでしょう。

しかし一流の先生が直接教えてくださることは、なかなかないでしょう。

けれどそんな一流の先生の作品は誰でも見ることができます。本を買うことも、図書館で借りるという方法もあります。

一流のプロの手口がすべて分かるのです、これで勉強しないという手はないです。

一流のプロの仕事を見ることは何よりも大切です。それは翻訳家ではなくても、スポーツのプロを目指すような人々と一緒です。

プロを見て学び、それを目指すこと。それは翻訳家でも一緒です。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます