Tag Archives: 翻訳

最後に、翻訳家とは難しいですが、奥が深い、魅力ある職業です

最後に、翻訳家になるための方法をいくつかご紹介しましたが、それらをよんでお気づきになられたことと思いますが、翻訳という仕事は高度な能力を多岐にわたって必要とされる仕事であること、ということです。

しかし、その分多くの魅力を秘めている職業でもある、ということです。

誰でも出来るような仕事なんて、つまらないと思う方いませんか?

翻訳家は一生をかけて行う職業です。

出版翻訳で60代の方になると長老になりますが、それだけのベテランであっても、驚くほど勉強をしているそうです。

どこまでいっても勉強は終わらず、それほど奥が深いというわけです。

普通のサラリーマンであれば、若い頃当然勉強もしたはずですが、50代にもなれば、それもなくなるでしょう。

しかし、50を過ぎてもなお、まだまだ勉強が足りないと思ったり、もっと勉強しなくてはと思えるような職業は、なかなかないのではないでしょうか。

似たような世界では落語の世界が似ているかもしれません。

もしくは芸術にかかわっているような方。

どこまで行っても勉強が続くと思います。

最近では若い方が良いという職業も多いかもしれませんが、翻訳は違います。奥が深いものです。

もちろん30代と若い人もいますが、同じ土俵には60代のベテランとがいて、一冊でも本を出したら対等の立場になるわけです。

年功序列ではなく実力次第なのです。

翻訳は難しい職業であり、しかしそれ以上に魅力ある職業だということです。

それを忘れずに、ぜひプロとしての翻訳家を目指していただきたいと思います。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

よい翻訳家を探す為に、いくつかポイントがあります

学術論文翻訳者を探している方もいらっしゃるでしょう。

もちろんそれだけに限りませんが、いくつかよい翻訳家を探す為のコツをここに記してみたいと思います。

まず始めに、英語圏内での滞在暦を理由に翻訳が出来ると言っている人は避けた方がいいでしょう。

論文に関していえば、日常の英語に慣れていても、論文に使われているものは特殊なものだからです。

それと同様に、TOEICなどの得点だけを翻訳が出来る理由にしているような人も避けた方が良いと思います。

英語圏内の大学卒業の資格があっても、同じ専門分野でない限りあまり意味はないでしょう。

もちろんこれらの経験は本来は翻訳をするためにはマイナスではありません。

しかし、それだけを理由にしているような人は、気をつけたほうが良いと思います。

対してプロとしての域に達しているような人はどのような人でしょうか。

1、翻訳にかかわる専門的な訓練を受け、且つ終了している翻訳者

このような方が最も心強いでしょう。しかしなかなか人数も多くありません。

2、翻訳の実務経験の有無を中心に、翻訳者を選ぶということです。

3、実務経験は少なくても、翻訳を依頼しようとしている論文の専門分野知識がある翻訳者であれば、誤訳が減るでしょうし、論文自体の質も高くなるでしょう。

4、英語論文の出版経験として、理系の学会誌等に論文を投稿した経験者など。

5、言語学知識のある人は、英語と日本語の表面的な違いだけでなく、言語としての根本的な違いを理解している、「言語学の学位を取得している」という人が翻訳に適している人ではないかと思います。

もし自分で探す場合には、見積もりの依頼時に、その翻訳者の簡単な経歴職歴を尋ねると良いでしょう。

もし快く答えてくれないようであれば、他の人を探すことをお勧めします。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、柔軟性を持った発想力は多くの英文に触れていくことで養いましょう

翻訳家として様々な英文を読み、それを翻訳する練習をしている方もいらっしゃるかもしれません。

そんななか皆さんの中には、次のような経験が有るかもしれません。

辞書を調べてもわけが分からない英文というものが、たまに出てくる場合があります。

さらに翻訳サイトで日本語に直すと、意味不明な文章になってしまう、というものがごくたまにあります。

それはなぜでしょうか。

お気づきになった方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、英語独特の表現で、日本語に直そうとすると意味不明になってしまう、というものがあり、それに対してはまじめに付き合う必要はないということです。

このような英語独特の表現などは、翻訳のノウハウを学びながら、出来るだけ多くの英文を訳していき、言語筋肉柔軟性を持たせるようにしましょう。

必ず柔軟な発想が自然に出来るようになってきます。

柔軟性を持った発想力は、たとえば小説などでそれぞれの感情を上手く表現したり、キャラクターそれぞれが個性のある言葉遣いをさせることが出来るなど、幅広く利用することが出来ます。

しかし、翻訳の勉強ということにとらわれすぎて、「読み書き」ばかりに気をとられてはいけません。

実際の英文は日常的な英語が使用されています。

会話力をつけることも大切です。

会話力をつけることは、辞書をいちいち引くという手間も省け、翻訳するスピードも上がるでしょう。

ぜひ英会話力も身に付けるようにしていってみてください。必ず役に立つでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

その土地特有のものを他の文化を持つ人に伝えるのが、翻訳家が苦労する点です

翻訳家として大変なことや苦労点は、勤勉であり続けること、責任感を常に持つということ以外に、どのようなことがあるでしょうか。

翻訳者にとって、翻訳をする作業において、どうしても文化言葉の違いによる表現の違いに、悩まされることもあります。

現在日本語で利用されている中には、多くの英語や外国語などがそのまま利用されていることがあります。

それは外国語特有のもので、そのまま利用しないとニュアンスが表現できないというようなことがあるからです。

それに対応する日本語や、その概念がないため、というようなことも影響しています。

例えば日本の文化の儀礼的な意味合いの話を、そのまま外国語に訳してしまうと、理解できないということが起きたり、誤解を招くようなときもあります。

それは外国の文化の特有なことに関するものも同じことが言えます。

このような行き違いを避けるため、原文の意味を尊重しつつ、他の文化の人にも意味が伝わるように内容を変えることもあります。

また、意味中心の翻訳をするなど、それをどのように伝えるのかというのが、翻訳家としての腕の見せ所であり、非常に苦労する点でもあります。

また、そこに面白さを感じる方もいるでしょう。

翻訳家は難しい職業ではありますが、勉強の果てがないのもまた魅力があるということです。

新しいことを発見することも多いでしょうし、どんなに年齢を重ねているプロの翻訳家の方でも、まだまだだとおっしゃるのは、このような背景があるからではないでしょうか

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家の大変なことや苦労点とはどんなところでしょうか

翻訳家にとって大変なことや苦労する点とはどのようなものでしょうか。

それは翻訳という性質上、学問において最先端の分野に携わることも多くあります。

それはまったくの新製品であったり、またはその土地の文化であったとしても、日本ではほとんど知られていないことなどもあるわけです。

該当する分野で不明な部分やよく分からない部分があったとしても、現在日本語の文献では、調べることが出来ない、調べる方法がないというようなケースもあります。

訳すべき英文だけを翻訳するわけではなく、その背景を知り、正確に理解をするために、翻訳以前の下調べや勉強等に時間がかかったり、一つの単語を明らかにする為に、何日もかかったりするようなケースもあるわけです。

このようなケースでは、翻訳者自身の知的な能力をはじめ、言葉のセンスといったものなどがすべて反映してしまうということになります。

日本語で読む人たちに対して、間違えている情報を伝えてしまってはいけません。

特に命に直結するような医学の分野、また機械などの操作方法などにいたっては、最悪の事故さえも起こしてしまうかもしれないわけです。

他の分野もそうですが、誤った翻訳をしてしまっては、自分自身の信用問題やその後の仕事の請負にも影響も出ますし、さらに企業等に所属をしていた場合、自分自身だけでなく、所属する企業の信用さえ傷つけてしまうわけです。

そのようなこともあり、翻訳家は常に勤勉であり続け、勉強を怠らないこと、文化に対しての知識や言葉のセンス等も磨く必要があるということです。

翻訳家である限り、それはずっと続くことになります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として必要とされるパソコン知識とは。そして兼業は可能なのでしょうか

最近ではインターネットの普及等により、データ化が進んでいますが、翻訳家にとって、ITの知識はどの程度必要になるのでしょうか。

現在行われている翻訳済みの翻訳原稿は、ほとんどが電子メールでの納品になっているようです。

ある程度の知識は必要になりますが、基本的には、ワードエクセルパワーポイントなどが主流となっているようです。

少なくともこれらのソフトは使いこなせるようになりましょう。

翻訳家を目指している人の中には、兼業は出来るのだろうか、という考えをしている方もいるでしょう。

確かにそれほど高収入な職業ではありません。

特に始めの頃にいたっては、翻訳だけで食べていくことはほとんど不可能に近いでしょう。

専業主婦をしながら行っている人などもいますし、サラリーマンとして働きながら、副業として翻訳をやっている人等もいます。

しかし、本来翻訳はそんな簡単な仕事ではありません。

翻訳をやっていく以上、ずっと勉強をし続けることになるのです。一本でやるのが良いでしょう。

翻訳とは兼業として考えるような甘い考えでは出来ません。

それだけ難しい職業なのです。

それでもなお兼業で行う、ということであれば、引き受けた翻訳の仕事の納期を守ることが大前提で、もしそれを守ることが可能であれば、兼業は出来るかもしれません。

しかし、基本的に翻訳の依頼は平日に入ることが多いため、いつでも連絡が取れるようにしましょう。

また、多くの量の翻訳を短い納期で仕上げなければならない、という仕事も多く、兼業の場合はどれだけ臨機応変に翻訳作業に時間を避けるのか、ということもしっかりと考えなくてはなりません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家として仕事をする際に、納期を守ることは重要ですが、間にあわなそうなときは

翻訳家として、第一歩を踏み出しようやく仕事をもらえるようになったものの、「翻訳がなかなか進まない」「翻訳がなかなか捗らない」といったように、納期に間に合わない、という事態が起こってしまうかもしれません。

本来は一度引き受けた翻訳は、必ず納期を守ることは鉄則です。

納期を守るということは、翻訳会社との信頼関係だけでなく、クライアントとの信頼関係をつなぐ為にも、最も重要なことになります。

まず忘れてはならないのは、日ごろから自分の翻訳ペースを把握しておくことです。

翻訳家の人は、翻訳のの高さとスピードが求められます。

翻訳作業は非常に高い集中力が必要です。

中には自宅で仕事をする人もいるでしょう。

そう言った方は、仕事専用のスペースを確保しましょう。

出来れば部屋を設けたいところですが、食事を終えてからテーブルを片付けて行うという方法もあります。

ここでのポイントは、だらだらと行わず、一つの仕事場としての確保をすることが大切です。

それによって集中しやすくなるでしょう。

そして自宅で仕事をする際には時間が不規則になりがちです。

日ごろから体調管理に注意を払い、体調を崩して納期が守れなかった、という事がないように、また分かった時点で、なるべく早い段階で納品先に連絡することも重要です。

それ以外に、「能力的」または「時間的」に、厳しいものだと判断した場合には、翻訳を仕事として受ける前に、断るという勇気を必要になります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指す際、力量を試す方法の一つとして、翻訳コンテストというのがあります

世界中には様々なコンテストがあると思います。

翻訳の世界においても、コンテストがあります。

翻訳家としての力量を試すことが出来るわけです。

コンテストの応募方法としては、雑誌等に記載されている課題文を訳し、それを主催企業に送って能力を評価してもらう、ということになります。

その中の一つとして、業界誌である「通訳・翻訳ジャーナル」というものでは、定例の誌上翻訳コンテストというのを行っています。

出版翻訳映像翻訳産業翻訳の各分野において、力試しを行うことが出来るという、非常に魅力的なコンテストになります。

詳細に関してはそちらをごらんいただく方が良いかと思います。

では翻訳コンテストに応募する、ということに、どのような意義があるのでしょうか?

まずポイントとして、この翻訳コンテストというものと、翻訳会社が行っているトライアルには大きな違いが有ります。

トライアルは仕事をもらえる・もらえないということがかかわってきますが、翻訳コンテストにおいてはそのような切迫したものはありません。

現在学習中の人たちが、自らの力試しの場として挑戦できる、非常に有効な練習材料である、ということです。

それだけではなく、もし優秀であると認めてもらうことが出来れば、自分の能力に自信を持つことができます。

これによって仕事を紹介してもらえるようなものはありません。

しかし、後日掲載される翻訳のポイント、そして講評をよむ事で、プロの翻訳家のノウハウや、思想プロセスなどを吸収することも出来ます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としての「翻訳のノウハウ」を学んで行きましょう

翻訳家を目指すにあたって、英語力日本語力を鍛えてきたら、今度は翻訳ノウハウを学んで行きましょう。

その方法については「通訳翻訳ジャーナル」などのような業界紙に、情報が多く載っていますので、参考にするといいと思います。

その方法は大きく分けて3つあり、1つは市販教材を利用する。

2つ目は通信講座を利用する、これにはWeb講座も含まれています。

3つ目は翻訳スクールに通学する、というものです。

予算や勉強にかけることの出来る時間、また目指すものによって最適だと思われる道を選ぶようにしましょう。

翻訳のノウハウを学ぶのは、語学学習と変わらず高いモチベーションを維持することが必要になります。

実務翻訳の勉強を始める人であれば、翻訳スクールの通信講座もお勧めです。

また、首都圏、大阪等のスクールがある地域の方であれば、通学というメリットを生かす、ということも考えても良いかもしれません。

上記以外にも、「一流のプロ」の翻訳した本で学ぶのも良いでしょう。

英文和訳で書かれた三流ではだめですが、一流のプロの翻訳作品はとても勉強になります。

一流のプロの方に直接学ぶことは出来なくても、翻訳の情報を公開しているわけです。

翻訳の技法は隠すことは出来ず、もし隠そうと思っても出来ません。

一流のプロの手口がすべて明らかになっているのです。

お金を出せば買えますし、図書館に行けばただで読めてしまうわけです。

これで勉強するのも良いでしょう。

この頃になると、目指す専門分野を扱い、その分野でプロになるという決意が必要になる時期です。

このとき手間も根気も必要になりますが、利用した教材から「仕事で使える」オリジナル翻訳ベースを作っておくと、あとで役にたつでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって必要な「語学力」。英語だけではなく日本語力もつけていきます

翻訳家を目指すにあたって、英語の勉強の方法以外に必要な事、それが「語学力」となってきます。

それは日本語力、そして英語力、ともに鍛えることが必要になります。

中には「日本語で生活してるのに、日本語力を鍛える必要なんてないのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、綺麗な日本語を利用できるでしょうか?

人をひきつける小説のような物を書く仕事ができるでしょうか?

翻訳をするときには、まず英語の原文を読み、それをしっかり理解したうえで、日本語に翻訳する必要があります。

例えば小説のようなものであれば、女性も子供も老人も、すべての人が同じ口調で話していたらおかしいですよね。

感情のある言葉がただ事務的な言葉で話していても、つまらないですよね。

つまり英文を読み、その感情等を読み取り、それを日本語に再構築する力が必要なのです。

そういう意味では小説家と同じような力が必要になるのです。

普段から本を読むのが好きで、いつも何かを読んでいるような方や、原書を読むのが趣味の人は、あまりその言語について意識する必要はないと思います。

対して普段本を読まない方は、意識的に小説や雑誌、エッセイ等の興味のある書物を多く読む必要があります。

英語圏文化知識が必要となる場合も多いので、外国の文化に興味を持つことも大切です。

実務翻訳を目指す方は、さらに興味のある分野を勉強してみてください。

その分野の専門書、専門誌で面白そうだと見えるものを、日本語と英語で読んでみましょう。

英語や日本語でどのような言い回しが一般的であるのか、という勉強になりますし、専門知識も増えていきます。

この頃に自分の目指す翻訳家の道が見えてくると良いでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます