Tag Archives: 英文

翻訳家にとって、柔軟性を持った発想力は多くの英文に触れていくことで養いましょう

翻訳家として様々な英文を読み、それを翻訳する練習をしている方もいらっしゃるかもしれません。

そんななか皆さんの中には、次のような経験が有るかもしれません。

辞書を調べてもわけが分からない英文というものが、たまに出てくる場合があります。

さらに翻訳サイトで日本語に直すと、意味不明な文章になってしまう、というものがごくたまにあります。

それはなぜでしょうか。

お気づきになった方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、英語独特の表現で、日本語に直そうとすると意味不明になってしまう、というものがあり、それに対してはまじめに付き合う必要はないということです。

このような英語独特の表現などは、翻訳のノウハウを学びながら、出来るだけ多くの英文を訳していき、言語筋肉柔軟性を持たせるようにしましょう。

必ず柔軟な発想が自然に出来るようになってきます。

柔軟性を持った発想力は、たとえば小説などでそれぞれの感情を上手く表現したり、キャラクターそれぞれが個性のある言葉遣いをさせることが出来るなど、幅広く利用することが出来ます。

しかし、翻訳の勉強ということにとらわれすぎて、「読み書き」ばかりに気をとられてはいけません。

実際の英文は日常的な英語が使用されています。

会話力をつけることも大切です。

会話力をつけることは、辞書をいちいち引くという手間も省け、翻訳するスピードも上がるでしょう。

ぜひ英会話力も身に付けるようにしていってみてください。必ず役に立つでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって必要な「語学力」。英語だけではなく日本語力もつけていきます

翻訳家を目指すにあたって、英語の勉強の方法以外に必要な事、それが「語学力」となってきます。

それは日本語力、そして英語力、ともに鍛えることが必要になります。

中には「日本語で生活してるのに、日本語力を鍛える必要なんてないのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、綺麗な日本語を利用できるでしょうか?

人をひきつける小説のような物を書く仕事ができるでしょうか?

翻訳をするときには、まず英語の原文を読み、それをしっかり理解したうえで、日本語に翻訳する必要があります。

例えば小説のようなものであれば、女性も子供も老人も、すべての人が同じ口調で話していたらおかしいですよね。

感情のある言葉がただ事務的な言葉で話していても、つまらないですよね。

つまり英文を読み、その感情等を読み取り、それを日本語に再構築する力が必要なのです。

そういう意味では小説家と同じような力が必要になるのです。

普段から本を読むのが好きで、いつも何かを読んでいるような方や、原書を読むのが趣味の人は、あまりその言語について意識する必要はないと思います。

対して普段本を読まない方は、意識的に小説や雑誌、エッセイ等の興味のある書物を多く読む必要があります。

英語圏文化知識が必要となる場合も多いので、外国の文化に興味を持つことも大切です。

実務翻訳を目指す方は、さらに興味のある分野を勉強してみてください。

その分野の専門書、専門誌で面白そうだと見えるものを、日本語と英語で読んでみましょう。

英語や日本語でどのような言い回しが一般的であるのか、という勉強になりますし、専門知識も増えていきます。

この頃に自分の目指す翻訳家の道が見えてくると良いでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、専門知識を持つことは、とても重要です

翻訳家を目指すにあたって、英文をスラスラと読む事は初めはなかなか上手く行かないかもしれません。

始めは時間もかかってしまう作業だと思われます。

しかし、トレーニングを繰り返すうちに、スピードも上がっていき、単語力読解力も自然にアップしていくでしょう。

翻訳家英文をスラスラと読める人の頭の中では行われていることです。

これらのステップを確実に、そして早くよむことが出来るようになるには、多くの書物をよむ事が重要になるでしょう。

しかし、注意したいのは「読んだ気分で終わらせないこと」になります。

一つ一つのステップを確実に踏み、その練習をきちんと重ね「スピードアップと着実な理解」が可能になる、ということになります。

英文がスラスラと読めるようになり、TOEIC950点以上英語力があれば、ほとんどの英文を理解することが可能になるでしょう。

それと同時に「得意な分野専門知識」をつけていくと良いでしょう。

それはなぜでしょうか?

専門的な英文を翻訳しようとしたとき、専門知識を持って書こうとした場合とそうでない場合は、翻訳のスピードにはかなり差が出てきます。

例えば医療系やIT関係の翻訳であれば、医療系の専門知識やITに詳しい方が、非常に有利です。

翻訳スピードが上がるだけでなく、翻訳会社の求人にも、翻訳家としての英語力以外にも、この専門知識を持っているのか、という事が条件になる場合も多いのです。

そのためにも日ごろから得意分野の専門知識をつけるように意識しましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としてスラスラとよむためには、長い文をいかに早くよむ家が大切です。

翻訳家を目指すにあたって、大切なことの一つに「英文を早く読む」という事があります。

しかし、普段英文を見慣れていなかったり、これから勉強するという人は、なかなかスラスラと読むことは難しいでしょう。

まずポイントは「主語動詞を理解すること」ということです。

そのあと、英文を短く区切って情報を読み取っていく、ということになります。

主語」またはそれを含んだ句である「主部」を見つけ、それを頭の中で反芻(はんすう)しておきます。

その上で次に動詞を見つけていきます。

そうしたら今度はその意味と主部を頭の中でくっつけてみましょう。

こうして残りの部分も細かく分けて始めの日本語にどんどんくっつけていく、ということを行っていきます。

こうすることで、「誰(何)がどうした」という一つの言葉の流れを忘れずに、元の意味を捉えながら、綺麗な日本語で訳す事ができるようになっていくでしょう。

細かく分けることで意味を捉えやすいため、長い文をわけも分からずただ闇雲に言葉をつなげていくよりずっと簡単に行うことも出来ますし、「英語和訳」ではなく、しっかりとした一つの日本語としての文を作ることが出来ます。

面倒かと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、この方法のほうがずっと早く行えるということに気がつくでしょう。

始めは時間がかかることは仕方がないと思いますが、それをしっかり毎日行うことで、必ず身に付き、よむスピードも上がっていくでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって「英文を読むこと」、その速さを手に入れる第一歩とは

翻訳家にとって重要ともいえる「英文を読む速さ」ですが、翻訳家の方々は当然のようにスラスラと英文や英語を読むことが出来ます。

中には翻訳家ではなくても、普段から英文を読み慣れている人も、問題なく読む事が出来ると思います。

「英文をスラスラ読むことが出来る人って、頭の中どうなってるんだろう」って疑問に思うかもしれません。

しかし忘れてはいけません、初めからスラスラと英文を読めたわけではないのです。

トレーニングを積んだり、何度も本を読んでつけたスキルであるわけです。

上手くステップを踏めば、比較的スムーズに読むスキルをあげることが出来ます。

目安は約3ヶ月ほどです。

この期間で読む力の上達を感じることが出来ると思います。

そのためにはまず大切なのは、「環境を整えること」です。

思わずやってしまいがちなのは、複数の媒体に手を出すことや、闇雲に選んだ英字新聞などの購入です。

それらを読もうとして一回で挫折したこと、ないでしょうか。

これではせっかく買っても意味がありません。

大切なのは「定期的に読む環境」というのを整えることです。

初めに行うのは何を読むのか、つまり「媒体」を探す作業からになります。

英字新聞なのか、インターネットの記事にするのか、もしくは英語の書籍を購入するのかと、いくつか考えられます。

しかし上記に触れたように、複数の媒体に手を出すのはやめて、一つの媒体に絞ってしまいましょう。

初心者へのお勧めに「ワシントンポストのキッズ版」というのがあるようで、最近ではデータ化もしているようです。

「Kids Post]というのがそれのようですので、データをダウンロードしてiPadのようなものに保存しておけば、利用しやすいと思われます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます