Tag Archives: 英日翻訳

翻訳家の初心者は、まず日本語の文章の基本を身につけなければなりません

翻訳家を目指す時、初心者が始めるのは、おそらく実務翻訳からが多いでしょう。

その中でも英日翻訳が多い可能性が高いでしょう。

つまり、日本語の文章の基本を身につけなければならない、ということです。

日本人にとっても、綺麗な日本語を書く、ということは容易ではありません。

そんな中、日本語の文章力に関する書物も多く出ています。

いくつか参考になる本もあります。

忘れてはならないのは、翻訳の文体は、その翻訳する分野によって様々である、ということです。

大きく分けて3つある「実務翻訳」「出版翻訳」「映像翻訳」、それぞれ違うテクニックが必要になります。

しかし、いずれの道を選んでも、日本語文章力等の基本は変わりませんので、しっかりと身につけることが大切です。

では実際にどのような練習をするとよいでしょうか?例えば日本の出来事を英語で発信しているサイトの、ニュースの英文を日本語に直してみます。

そのあとで日本語のサイト(NHKなど)で、同じ出来事の日本語文章を探し、自分が翻訳した文章や表現を比べてみる、というものです。

それを確認すれば、自分の訳文が仕事として、お金になるかどうか、ということが分かると思います。

翻訳はただ英文和訳をしても仕方が有りません。

初めは翻訳料も高くありません。経験を積むことが、まず初めに大切なことです。

翻訳会社の中には、翻訳を修正したものを、フィードバックしてくださるところもあるようです。非常にありがたいことですので、まずは自分の訳文はどこがいけないのか、それを確認することです。それは一目瞭然ですので、それを自分のものにし、実力をつけましょう。それに伴って、翻訳料金も上がっていきます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家に必要な英語力「TOEIC950点以上」を取る為の方法のひとつとは

翻訳家を目指すにあたってひとつの目標ともいえる「TOEIC950点以上」というものですが、もちろん生半可な覚悟と努力では出来ないでしょう。

まずは「翻訳家になりたい」といった「翻訳」にかかわることを、まずは一切忘れてしまいましょう。

TOEIC950点以上を取ることができる英語力を身につけるまで、英語だけで英文を理解することを目標とし、日本語の文章にする、という作業は忘れてしまった方が良いでしょう。

英語力を上げるためには、やはり英文をよむことが大切になってきます。そして出来れば音読することが効果的です。

また、リスニングをする際にも、ただ聞くだけではなくシャドウイングという方法を取るべきかと思います。

このシャドウイングというのは、ネイティブの人がよんだ英語を聞きながら、それと同じ文章をそっくりそのまま音読をすることになります。

通常の音読と違うところは「よむ英文が文字として書かれていない」ということと、「英文がすべてよまれた後に、その英文を言葉にする」のではないのです。

「英文がよまれた0.5秒くらい後に、後を追うようにしてよむ」ということです。

つまり、じっくり聞き、それを音読する、ということではなく、聞こえたそばから音読をしなければならないということで、聞き取れなかったり、同じスピードで言葉に出来なくなってしまった時点で、ついていけなくなってしまいます。

すなわちネイティブレベル英語力が必要になってくる、非常に難しい練習法ではあります。

しかしこのようなことを繰り返し、日本語に翻訳することを完全に忘れ、英語で英語を理解する、ということが出来れば、英文ライティング能力も高まるでしょう。

翻訳の初心者は英日翻訳をすることが多いかもしれませんが、英文ライティング能力日英翻訳に生かすことが出来、英日翻訳より難しいですが、その分単価も高くなる傾向にあります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指す為の英語力として、TOEIC950点以上の理由とは

翻訳家を目指すにあたって様々な方法をお伝えしましたが、中には「翻訳家になりたいけれど、英語力をUPしないとTOEIC950点に届かない」「もっとすらすら読めるにはどうしたらいいのだろう?」などのまず初めの一歩でつまづいてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「必ずしもTOEICで950点以上取らなくてはならない、というわけではない」ということはお伝えしましたが、現在の自分の力を測るという意味ではいいかと思います。

翻訳家としての英語力は「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」のうち、最も重要とされるのは後者の2つになります。

たとえば日英翻訳をしようとした場合、英語のライティング能力が必要になってきますが、ノンネイティブにとってはかなり厳しいものになることでしょう。

対して英日翻訳の場合には、ライティングとしては日本語の文章を書く、という文章能力が必要になってきて、リーディング能力として英語力が必要になる、ということになります。

TOEICは「リスニング」と「リーディング」ではありますが、リスニングが出来なければリーディングも出来ません。それをふまえて、リスニング、リーディングを合わせた点数の目安として「950点以上」ということになります。

なぜそれだけの点数が目安として必要になるのかというと、それ未満では結局、翻訳作業中の誤訳が多すぎるという事態が起こってしまう為です。

翻訳家の文章は、チェッカーとよばれる方が誤字誤訳などをチェックし、修正をします。

本来は翻訳家が誤訳をしてはいけませんが、念のための措置です。

そんな中、誤訳ばかりの文章では、プロとは到底いえません。

そのために、最低限の英語力として、TOEIC950点以上といわれている、ということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます