Tag Archives: 英語力

翻訳家としての「翻訳のノウハウ」を学んで行きましょう

翻訳家を目指すにあたって、英語力日本語力を鍛えてきたら、今度は翻訳ノウハウを学んで行きましょう。

その方法については「通訳翻訳ジャーナル」などのような業界紙に、情報が多く載っていますので、参考にするといいと思います。

その方法は大きく分けて3つあり、1つは市販教材を利用する。

2つ目は通信講座を利用する、これにはWeb講座も含まれています。

3つ目は翻訳スクールに通学する、というものです。

予算や勉強にかけることの出来る時間、また目指すものによって最適だと思われる道を選ぶようにしましょう。

翻訳のノウハウを学ぶのは、語学学習と変わらず高いモチベーションを維持することが必要になります。

実務翻訳の勉強を始める人であれば、翻訳スクールの通信講座もお勧めです。

また、首都圏、大阪等のスクールがある地域の方であれば、通学というメリットを生かす、ということも考えても良いかもしれません。

上記以外にも、「一流のプロ」の翻訳した本で学ぶのも良いでしょう。

英文和訳で書かれた三流ではだめですが、一流のプロの翻訳作品はとても勉強になります。

一流のプロの方に直接学ぶことは出来なくても、翻訳の情報を公開しているわけです。

翻訳の技法は隠すことは出来ず、もし隠そうと思っても出来ません。

一流のプロの手口がすべて明らかになっているのです。

お金を出せば買えますし、図書館に行けばただで読めてしまうわけです。

これで勉強するのも良いでしょう。

この頃になると、目指す専門分野を扱い、その分野でプロになるという決意が必要になる時期です。

このとき手間も根気も必要になりますが、利用した教材から「仕事で使える」オリジナル翻訳ベースを作っておくと、あとで役にたつでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって必要な「語学力」。英語だけではなく日本語力もつけていきます

翻訳家を目指すにあたって、英語の勉強の方法以外に必要な事、それが「語学力」となってきます。

それは日本語力、そして英語力、ともに鍛えることが必要になります。

中には「日本語で生活してるのに、日本語力を鍛える必要なんてないのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、綺麗な日本語を利用できるでしょうか?

人をひきつける小説のような物を書く仕事ができるでしょうか?

翻訳をするときには、まず英語の原文を読み、それをしっかり理解したうえで、日本語に翻訳する必要があります。

例えば小説のようなものであれば、女性も子供も老人も、すべての人が同じ口調で話していたらおかしいですよね。

感情のある言葉がただ事務的な言葉で話していても、つまらないですよね。

つまり英文を読み、その感情等を読み取り、それを日本語に再構築する力が必要なのです。

そういう意味では小説家と同じような力が必要になるのです。

普段から本を読むのが好きで、いつも何かを読んでいるような方や、原書を読むのが趣味の人は、あまりその言語について意識する必要はないと思います。

対して普段本を読まない方は、意識的に小説や雑誌、エッセイ等の興味のある書物を多く読む必要があります。

英語圏文化知識が必要となる場合も多いので、外国の文化に興味を持つことも大切です。

実務翻訳を目指す方は、さらに興味のある分野を勉強してみてください。

その分野の専門書、専門誌で面白そうだと見えるものを、日本語と英語で読んでみましょう。

英語や日本語でどのような言い回しが一般的であるのか、という勉強になりますし、専門知識も増えていきます。

この頃に自分の目指す翻訳家の道が見えてくると良いでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、専門知識を持つことは、とても重要です

翻訳家を目指すにあたって、英文をスラスラと読む事は初めはなかなか上手く行かないかもしれません。

始めは時間もかかってしまう作業だと思われます。

しかし、トレーニングを繰り返すうちに、スピードも上がっていき、単語力読解力も自然にアップしていくでしょう。

翻訳家英文をスラスラと読める人の頭の中では行われていることです。

これらのステップを確実に、そして早くよむことが出来るようになるには、多くの書物をよむ事が重要になるでしょう。

しかし、注意したいのは「読んだ気分で終わらせないこと」になります。

一つ一つのステップを確実に踏み、その練習をきちんと重ね「スピードアップと着実な理解」が可能になる、ということになります。

英文がスラスラと読めるようになり、TOEIC950点以上英語力があれば、ほとんどの英文を理解することが可能になるでしょう。

それと同時に「得意な分野専門知識」をつけていくと良いでしょう。

それはなぜでしょうか?

専門的な英文を翻訳しようとしたとき、専門知識を持って書こうとした場合とそうでない場合は、翻訳のスピードにはかなり差が出てきます。

例えば医療系やIT関係の翻訳であれば、医療系の専門知識やITに詳しい方が、非常に有利です。

翻訳スピードが上がるだけでなく、翻訳会社の求人にも、翻訳家としての英語力以外にも、この専門知識を持っているのか、という事が条件になる場合も多いのです。

そのためにも日ごろから得意分野の専門知識をつけるように意識しましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家に必要な英語力「TOEIC950点以上」を取る為の方法のひとつとは

翻訳家を目指すにあたってひとつの目標ともいえる「TOEIC950点以上」というものですが、もちろん生半可な覚悟と努力では出来ないでしょう。

まずは「翻訳家になりたい」といった「翻訳」にかかわることを、まずは一切忘れてしまいましょう。

TOEIC950点以上を取ることができる英語力を身につけるまで、英語だけで英文を理解することを目標とし、日本語の文章にする、という作業は忘れてしまった方が良いでしょう。

英語力を上げるためには、やはり英文をよむことが大切になってきます。そして出来れば音読することが効果的です。

また、リスニングをする際にも、ただ聞くだけではなくシャドウイングという方法を取るべきかと思います。

このシャドウイングというのは、ネイティブの人がよんだ英語を聞きながら、それと同じ文章をそっくりそのまま音読をすることになります。

通常の音読と違うところは「よむ英文が文字として書かれていない」ということと、「英文がすべてよまれた後に、その英文を言葉にする」のではないのです。

「英文がよまれた0.5秒くらい後に、後を追うようにしてよむ」ということです。

つまり、じっくり聞き、それを音読する、ということではなく、聞こえたそばから音読をしなければならないということで、聞き取れなかったり、同じスピードで言葉に出来なくなってしまった時点で、ついていけなくなってしまいます。

すなわちネイティブレベル英語力が必要になってくる、非常に難しい練習法ではあります。

しかしこのようなことを繰り返し、日本語に翻訳することを完全に忘れ、英語で英語を理解する、ということが出来れば、英文ライティング能力も高まるでしょう。

翻訳の初心者は英日翻訳をすることが多いかもしれませんが、英文ライティング能力日英翻訳に生かすことが出来、英日翻訳より難しいですが、その分単価も高くなる傾向にあります。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指す為の英語力として、TOEIC950点以上の理由とは

翻訳家を目指すにあたって様々な方法をお伝えしましたが、中には「翻訳家になりたいけれど、英語力をUPしないとTOEIC950点に届かない」「もっとすらすら読めるにはどうしたらいいのだろう?」などのまず初めの一歩でつまづいてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「必ずしもTOEICで950点以上取らなくてはならない、というわけではない」ということはお伝えしましたが、現在の自分の力を測るという意味ではいいかと思います。

翻訳家としての英語力は「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」のうち、最も重要とされるのは後者の2つになります。

たとえば日英翻訳をしようとした場合、英語のライティング能力が必要になってきますが、ノンネイティブにとってはかなり厳しいものになることでしょう。

対して英日翻訳の場合には、ライティングとしては日本語の文章を書く、という文章能力が必要になってきて、リーディング能力として英語力が必要になる、ということになります。

TOEICは「リスニング」と「リーディング」ではありますが、リスニングが出来なければリーディングも出来ません。それをふまえて、リスニング、リーディングを合わせた点数の目安として「950点以上」ということになります。

なぜそれだけの点数が目安として必要になるのかというと、それ未満では結局、翻訳作業中の誤訳が多すぎるという事態が起こってしまう為です。

翻訳家の文章は、チェッカーとよばれる方が誤字誤訳などをチェックし、修正をします。

本来は翻訳家が誤訳をしてはいけませんが、念のための措置です。

そんな中、誤訳ばかりの文章では、プロとは到底いえません。

そのために、最低限の英語力として、TOEIC950点以上といわれている、ということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家に向いている人はどんなひとでしょうか

翻訳家として仕事をしていくのに、どんな人が向いているのでしょうか?

もちろん出来るだけ高い英語力はあったほうがいいですが、翻訳の勉強を始めるには高校卒業程度の英語力が有れば十分だという方もいらっしゃいます。

しかし、当然語学の習得に終わりはなく、翻訳家として続けるには、英語の勉強をずっと続けていくという態度が必要になってきます。これはどんな英語力をもっていても変わりはありません。

それだけでなく、好奇心があり、様々な知識を身につけたいと思っている人は向いているかと思います。

さらに現在の翻訳作業にとって、パソコンが不可欠であり、パソコンの操作に抵抗がないという人が向いているかと思います。

翻訳家仕事を始めたいと思ったら、ほかの事を犠牲にしても頑張るということが重要で、少しずつ勉強して、なんとなくなれたらいいな程度の考えでは翻訳家にはなることが出来ません。

そのくらいの考えであったら、翻訳家はあきらめた方が良いでしょう。

まず目標を決め、それを達成するまで精一杯頑張る、それが大切なことです。

翻訳家としての一歩を踏み出すには勇気も必要でしょう。

翻訳家としての必要なスキルを得ても、それだけでは仕事になりません。

まずそのスキルを認めてもらうために、自分を売り込む為の「営業能力」それを実行する「行動力」そして仕事としてひきうける以上、何を犠牲にしてもその仕事を完成させるという「覚悟」も必要です。

もし仮に、期限が遅れたり、の悪い仕事で納品した場合、それ以後の仕事がもらえないことはもちろん、その納品した仕事の報酬すらもらえない可能性もあります。

まずは納期を守ること、そしてを高めていくこと、そうして初めて安定した仕事を得ることが出来るということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます