Tag Archives: 誤訳

翻訳家として挑むトライアル、見られているのは訳だけでは有りません

翻訳家として翻訳会社登録するには、まずトライアルに受けて、合格しなければなりません。

まずは基本的な事、誤訳をしていないか、正確に英文を解釈できているのか、という事がポイントとして見られます。

正確な訳がされているかというだけではなく、文書の性質にあったものか、その背景をしっかりと認識した上での文章であるのか、表現力が適切で読み安いのか、専門用語をきちんと調べているのか、というポイントも、審査の対象となっているようです。

中でも英語力以外にリサーチ能力も試されるようですです。

最近はインターネット電子辞書の普及でいつでもどこでも調べることが出来ますが、逆に膨大な情報の中からより早く、そしてより正確に調べることが出来るのか、取捨選択できるかという事が、求められてきます。

トライアルに受けて課題を提出しても、自分は受からないだろう、と思っていた人でも高評価を得て、合格が出来る人もいます。

つまり、自分の翻訳者としての価値として、高い評価を受けるときもあるわけです。

自己評価と違う場合も多いでしょう、客観的に確認する為という意味でも、様々な翻訳会社のトライアルに挑戦したほうが良いでしょう。

ここでの注意点は、トライアルの原稿を受け取ったら、期日までにしっかりと翻訳し、送るようにしましょう。

もし他に仕事をしていて提出が遅れる場合には、必ず事前に翻訳会社に知らせましょう。

トライアルの原稿を送ったにもかかわらず、その後まったく連絡がつかなくなった、という人もいるようです。

辞退する際でも社会人としてのマナーは守るべきです。必ず翻訳会社に連絡を入れましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家としてトライアルに合格する一つ目のポイントとは

翻訳家になるための方法の一つに翻訳会社への登録、という方法があり、そのためにはトライアルに合格をする必要がありますが、なかなか合格が出来ないという人や、これから初めてトライアルを受けるという人もいるかもしれません。

トライアルに合格する為にはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。

まず何よりも大切なこと、それはトライアルを受け、それを提出する前に「必ず訳抜けが無いか」「数字や固有名詞が、間違っていないか、誤訳が無いか」何度も見直ししてから提出しましょう。

非常に基本的なことですが、提出されたトライアルの中には、「ケアレスミス」や、「どう考えても見直しをした文章ではないだろう」と思われる訳がよくあるようです。

このような誤訳誤字脱字が一ヶ所でも合った場合には、トライアルの合格は難しいと肝に銘じておきましょう。

トライアルの課題には、きちんと訳せていないと不合格になってしまう、訳のポイントがあり、そのポイントをいかに見抜けるのか、という必要があります。

そのポイントでの最も重要視されるのは、「英文の構造や意味を、正確解釈できるのか」という「英文解釈力」になります。

もしそのポイントを見抜けなかったとしても、トライアルの場合、比較的短い課題が多い為、一切誤訳をしない、というつもりで取り組めば問題はないでしょう。

専門用語があっても調べれば意味や訳語がほとんどのものが分かるはずなので、ここで点数を落とさないように努力しましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指す為の英語力として、TOEIC950点以上の理由とは

翻訳家を目指すにあたって様々な方法をお伝えしましたが、中には「翻訳家になりたいけれど、英語力をUPしないとTOEIC950点に届かない」「もっとすらすら読めるにはどうしたらいいのだろう?」などのまず初めの一歩でつまづいてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「必ずしもTOEICで950点以上取らなくてはならない、というわけではない」ということはお伝えしましたが、現在の自分の力を測るという意味ではいいかと思います。

翻訳家としての英語力は「スピーキング」「リスニング」「ライティング」「リーディング」のうち、最も重要とされるのは後者の2つになります。

たとえば日英翻訳をしようとした場合、英語のライティング能力が必要になってきますが、ノンネイティブにとってはかなり厳しいものになることでしょう。

対して英日翻訳の場合には、ライティングとしては日本語の文章を書く、という文章能力が必要になってきて、リーディング能力として英語力が必要になる、ということになります。

TOEICは「リスニング」と「リーディング」ではありますが、リスニングが出来なければリーディングも出来ません。それをふまえて、リスニング、リーディングを合わせた点数の目安として「950点以上」ということになります。

なぜそれだけの点数が目安として必要になるのかというと、それ未満では結局、翻訳作業中の誤訳が多すぎるという事態が起こってしまう為です。

翻訳家の文章は、チェッカーとよばれる方が誤字誤訳などをチェックし、修正をします。

本来は翻訳家が誤訳をしてはいけませんが、念のための措置です。

そんな中、誤訳ばかりの文章では、プロとは到底いえません。

そのために、最低限の英語力として、TOEIC950点以上といわれている、ということです。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます