Tag Archives: 電子辞書

翻訳家として挑むトライアル、見られているのは訳だけでは有りません

翻訳家として翻訳会社登録するには、まずトライアルに受けて、合格しなければなりません。

まずは基本的な事、誤訳をしていないか、正確に英文を解釈できているのか、という事がポイントとして見られます。

正確な訳がされているかというだけではなく、文書の性質にあったものか、その背景をしっかりと認識した上での文章であるのか、表現力が適切で読み安いのか、専門用語をきちんと調べているのか、というポイントも、審査の対象となっているようです。

中でも英語力以外にリサーチ能力も試されるようですです。

最近はインターネット電子辞書の普及でいつでもどこでも調べることが出来ますが、逆に膨大な情報の中からより早く、そしてより正確に調べることが出来るのか、取捨選択できるかという事が、求められてきます。

トライアルに受けて課題を提出しても、自分は受からないだろう、と思っていた人でも高評価を得て、合格が出来る人もいます。

つまり、自分の翻訳者としての価値として、高い評価を受けるときもあるわけです。

自己評価と違う場合も多いでしょう、客観的に確認する為という意味でも、様々な翻訳会社のトライアルに挑戦したほうが良いでしょう。

ここでの注意点は、トライアルの原稿を受け取ったら、期日までにしっかりと翻訳し、送るようにしましょう。

もし他に仕事をしていて提出が遅れる場合には、必ず事前に翻訳会社に知らせましょう。

トライアルの原稿を送ったにもかかわらず、その後まったく連絡がつかなくなった、という人もいるようです。

辞退する際でも社会人としてのマナーは守るべきです。必ず翻訳会社に連絡を入れましょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家を目指して勉強する際、「すぐに調べられる環境」を作りましょう

翻訳家を目指そうと決め、勉強を開始しても、分からない単語も多いでしょう。

プロの翻訳家であっても知らない単語が有るのは当然です。

翻訳するのにほうっておくわけにも行きませんので、知らない単語が出てきたら当然調べるのではないかと思います。

しかし、英語辞典などで探すのもいいですが、調べるのに時間がかかってしまったら、面倒になってきてしまわないでしょうか。

つまり、分からない単語が出てきても「すぐに調べることが出来る環境を整える」ということが大切になります。

そのときに電子辞書があると便利かと思いますが、「電子辞書」と聞くと、カシオやシャープ等の、小さめの携帯辞書端末を思い浮かべる方も多いかと思います。

しかし、それだけが電子辞書ではありません。

今でしたらスマートフォンを利用する方も多いと思いますが、スマートフォンユーザーの方は「辞書アプリ」をダウンロードして利用するのがお勧めです。

移動中や、外出先でもすぐに利用することが出来ます。

それに普段から持ち歩いているでしょうから、忘れる心配もないでしょう。

家で利用する場合には、翻訳会社が無償で提供しているオンラインの辞書もあります。

それをお気に入りに登録するのもいいでしょう。

スマートフォンユーザーでしたら、ブックマークをホーム画面においておけば、すぐに利用できるので便利に使えるでしょう。

それ以外にも、CD-ROM版の電子辞書を利用する方法もあります。

この場合には電子辞書をHDDにコピーするだけでは、単語の検索が出来ません。

中には検索ソフトが添付されているものもあるようですが、インターネットから入手可能ですので、それを利用した方が便利かもしれません。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます