Tag Archives: Toeic

よい翻訳家を探す為に、いくつかポイントがあります

学術論文翻訳者を探している方もいらっしゃるでしょう。

もちろんそれだけに限りませんが、いくつかよい翻訳家を探す為のコツをここに記してみたいと思います。

まず始めに、英語圏内での滞在暦を理由に翻訳が出来ると言っている人は避けた方がいいでしょう。

論文に関していえば、日常の英語に慣れていても、論文に使われているものは特殊なものだからです。

それと同様に、TOEICなどの得点だけを翻訳が出来る理由にしているような人も避けた方が良いと思います。

英語圏内の大学卒業の資格があっても、同じ専門分野でない限りあまり意味はないでしょう。

もちろんこれらの経験は本来は翻訳をするためにはマイナスではありません。

しかし、それだけを理由にしているような人は、気をつけたほうが良いと思います。

対してプロとしての域に達しているような人はどのような人でしょうか。

1、翻訳にかかわる専門的な訓練を受け、且つ終了している翻訳者

このような方が最も心強いでしょう。しかしなかなか人数も多くありません。

2、翻訳の実務経験の有無を中心に、翻訳者を選ぶということです。

3、実務経験は少なくても、翻訳を依頼しようとしている論文の専門分野知識がある翻訳者であれば、誤訳が減るでしょうし、論文自体の質も高くなるでしょう。

4、英語論文の出版経験として、理系の学会誌等に論文を投稿した経験者など。

5、言語学知識のある人は、英語と日本語の表面的な違いだけでなく、言語としての根本的な違いを理解している、「言語学の学位を取得している」という人が翻訳に適している人ではないかと思います。

もし自分で探す場合には、見積もりの依頼時に、その翻訳者の簡単な経歴職歴を尋ねると良いでしょう。

もし快く答えてくれないようであれば、他の人を探すことをお勧めします。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

語学力が低いと思っている方が、翻訳家になるための一つの方法

翻訳家を目指そうとして、これから勉強しようとしている方の中には、今現在では語学力が低い、という方もいるでしょう。

その場合、どのような勉強方法をしたらいいのでしょう。

様々な学習方法がありますが、方法の一つとして、ご紹介していきたいと思います。

まず、翻訳家を目指そうとしたときにイメージしていることは、「英語から日本語への翻訳」という方も多いと思います。

その場合、目標のレベルや期限という設定が出来るということで、英検TOEICの受験がお勧めです。

まず、初めの一歩として、語学の学習においては高いモチベーションが必要で、それを維持することが大切であるからです。

英検であれば、「準2級→2級→準一級」。

TOEICであれば630→730→860→950」などと、目標を立て、受験日を設定します。

今度はそれに向かって計画的に勉強していくという方法をとってみます。

期限を決めずにだらだらと学習していくのと、上記のように期限を決めて集中して勉強するのではまったく語学レベルの上昇するスピードは違ってきます。

そのときにリスニングも同時に行うと良いでしょう。

翻訳に必要ないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ライティングだけでなくリスニング力ももバランスよく力を伸ばすことで、必ずいずれ役に立つときが来ます。

それとともに、英文を読む速さをあげるのも忘れずに行いましょう。

市販されている教材も効果がありますので、試すのも良いでしょう。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます

翻訳家にとって、必要なスキルとはどんなものがあるのでしょうか

翻訳家にもいくつか種類がありますが、翻訳家になるためには、どうすればいいのでしょうか?

まずは必要なスキルを紹介させていただきたいと思います。

当然のことながら、例えば一番多いと思われる英語を日本語に翻訳する、ということになった場合、英語と日本語の、両方の語学力が必須になります。

英語を日本語と同じような感覚で読めること、これは原文の読解力だけでなく、翻訳をした文章を再構成する為の「文章能力」も含まれていることを忘れてはいけません。

また、海外での生活が長いような方は、英語の意味をどれだけ正確に理解することが出来たとしても、今度は日本語力を鍛えなければならないかもしれません。

翻訳家になるためには「TOEICで950点以上の語学力」とも言われているようですが、この点数だけでは仕事は出来ません。

あくまでも読み手側に伝わりやすい文章を書くことが大切な為、「会話能力」が重要視されているようです。

また、翻訳する時、専門知識が必要な分野の物を翻訳するときには、その原文を理解することがまず大切になってきます。特定の言い回し等、その分野での特殊な言い方もあります。

したがって、このときに必要とされるのは「情報収集能力」そして「情報解析能力」が必要になってきます。

現在では書籍だけではなく、インターネットを上手く利用することが、必須となってくるでしょう。最近ではパソコンを利用することが多くなってきている為、パソコンの簡単な知識として「Word」や「Excel」での表作成、簡単なレイアウトの知識も最低限必要であり、文字入力の速度も大事になってきます。

あなたも翻訳家デビューしてみませんか?

新規登録 *登録は無料です *登録すると翻訳家の案件が閲覧できます